カテゴリ

カテゴリ:作業効率化

ToDoリストを「Magic ToDo」に変えました

カテゴリ:
七実★ロックギタリストです。

このブログを始めてから(なんと、22年前!)いつも、やることいっぱいな私。

やりたいことがいっぱいあるから、仕方ないんですけれどね。

それらをやり遂げていくために「やることリスト」は、ノート(年・月・週単位のやること)と、メモ帳(今日やること)に書いていました。

でも時代が変わってきたので、昨年からスマフォアプリのToDoリストも活用しはじめました。

つまり、ノートと、メモ帳と、スマホアプリの3つを使っていました。

紙は、書き写すのを忘れたりもしますし、書くのに時間がかかります。

スマホに入力するのも、私は時間がかかります。

そのためToDoリストといっても「ホームページを作る」など、大きなゴールしか書いていなかったのです。

それを達成するための細かいタスクは、だいたい自分の頭の中にあって、実際に作業できるタイミングになった時だけ紙に書いたりスマホアプリに入れたりしていました。

細かいタスクを頭の中から引っぱりだしたり、何をやるのか整理するのにも時間がかかっています。

大きい山(ゴール)は見えていて、こういう順番で登ればいいんだろうなという、ぼんやりとした考えは頭の中にあるけれど、具体的な行動計画に落とし込めていない状態です。

タスクは、できるだけ細かくしたほうが達成しやすいと聞きました。

大きいタスクと細かいタスクを一目で管理できて、追加や修正がすぐ出来て、パソコンでもスマホでも使えるのはないかなー?と探してみたら、ありました。

Magic ToDo - Goblin Tools

英語のサイトですが、日本語で使えます。

自分で入力してタスク管理できますが、大きいタスクを入力してボタンを押すと、AIがそれを達成するための細かいタスクを作ってくれる機能もあります。

ただし、入力内容によっては、的外れな細かいタスクが出力されることもあります。
(いろいろ試しましたが、的外れな方が多いかも)

20240305


ADHAの方に向けて作られたサービスなのだそうです。

他には

・Formalizer
入力した文章を、指定した形(丁寧に、情熱的になど)で作り直してくれます。

・The Judge
入力した文章を判定してくれます。

・Estimator
入力した作業に、どれくらい時間がかかるか見積もってくれます。

・Compiler
やりたいと思っていることを入力すると、具体的なタスクにしてくれます。

・The Chef
食材や食事制限を入力すると、それに合ったレシピを作ってくれます。

という機能があります。

使いこなしたら、とても便利になりそうです。

YouTube動画をクリック1つで文字起こし

カテゴリ:
七実★ロックギタリストです。

Google Chrome に、YouTubeの動画の内容をボタンをクリックするだけで文字起こししてくれる便利な拡張機能があります。

その名は『YouTube Summary with ChatGPT & Claude

インストールすると、パソコンではYouTubeの動画右上に、ボタンが表示されます。

2

ボタンを押すと、あっという間に文字起こししてくれます。

音楽でも文字起こし出来るのかな?と試しに「ゲゲゲの鬼太郎」を歌っている動画でやってみたら、韓国語で表示されましたー( ;∀;)

3

翻訳してみたら・・・
「(00:02) [音楽]犬犬犬」だそうです。

このページのトップヘ

見出し画像
×