カテゴリ:
私は両親とも、がんで失いました。

だから自分も、がんになる確率は高いと思います。

だけど絶対に、がんにはなりたくないと思って、毎日、気にかけていることがあります。


それは、平熱です。

2年位前から平熱をあげる努力をしていて、その当時は36.2度だった平熱が、だんだん高くなり、最近は36.8度で安定してきました。


何故、平熱を上げているか?というと、健康のためです。

36.5度〜37度が理想的な平熱で、それより低いと、病気になりやすいそうです。


両親のがんを治したいと思って、色々と調べた結果、がんになる原因は、酸素不足、低体温、リンパの詰まりだと分かりました。

あと、甘いものの食べすぎもかな。


母が、がんになった原因のひとつは、夏でも冬でも、毎日アイスクリームを食べていたからだと思っています。

自分のことを「暑がり」だと思っていて、身体を冷やすことばかりしていました。


私から見ると、母の身体の中は冷えています。

身体が冷えているから、ちょっとしたことで、すぐのぼせて、暑く感じるのです。

お風呂にゆっくりつかったり、身体を芯から温めることを勧めても、母は暑いと嫌がって、やりませんでした。


私は酸素不足、低体温、リンパの詰まりを解消する方法を知っているし、その方法を提供できます。

私の話を、母が聞く耳をもっていて、その方法を受け入れてくれていたら、もしかしたら、もっと違う結果になっていたかも・・・と考えると、残念でなりません。


母の家の片づけをしていたら、胃瘻になって、1年以上食事をしていない母の冷蔵庫から、ヨーグルト1つと、アイスクリームが3つ出てきました。

胃瘻になっても、アイスは食べていたのでしょうか?

切ないものです。