カテゴリ:
ラグタイムギターに、再度チャレンジする。

もう10年くらい前から、ラグタイムが弾けたらいいなぁと思って、まずはピアノでチャレンジしてたんだけど、ピアノが手元になくなってからは、ギターで弾けるようになりたいなぁと、何度か挑戦したことがある。

いろいろ難しい要素はあるけれど、最大の難関は、左手の親指だ。ネックを握る形で、親指で6弦を押さえる。私の小さい手で、ネックの太いアコギじゃ、指が届きやしない。

数年前に「それが出来なきゃ、ラグタイムは弾けないよ」と、バリバリ弾ける人に、サラっと言われて、悔しいというか何と言うか。

トラウマって訳ではないけれど、その時のことは今でもよく覚えていて、心に引っかかってはいる。手の大きさや、指の長さを、バリバリ弾ける人と比べたら、どう見ても私は不向きだと思い「物理的に無理だ」と、その時から断念してた。

・・・でも弾きたい。・・・でも無理だ。

心の中で、そんな静かな葛藤を繰り返していたんだけど、急に「やったるで!」モードに入った。

なーんかね、私が出来ないと思っていることって「ギターを始めたんだけど、Fのコード押さえられなくて挫折した」って言ってるのに、近いような気がしてきたのだ。Fのコード、私も最初は大変だったけど、何度かやっているうちに、押さえられるようになったので、それと同じことかも?って。

今日は再チャレンジ初日なので、指が届く気配は全く無いけれど、心に引っかかっていた、トラウマ(?)みたいなものは解消できたかもしれない。

出来ないかもしれないけどさ〜、弾けるようになりたいから、また、やってみるよ。