アーカイブ

2011年10月

カテゴリ:
凶方位だというのに、どうして人は、自ら凶方位に行ってしまうのかというと、その方位にあるものが魅力的に見えるから。

凶方位は、一見悪くは見えない。どちらかというと、とっても良く見える。

そして類は友を呼ぶ現象なのか、五黄の剋気を持っている人は、五黄の方位に惹かれて、そちらに行きたくなってしまう。

引越の方位相談に乗っていると、五黄方位に引っ越そうとしている人は、とても多い。

そして、すでに五黄方位に引越したい物件を見つけていて、「こんなに素適な物件には、きっと二度と出会えないと思うので、悪い方角だろうが何だろうが、どうしても、ここに引っ越したい」と仰る。

そんなに素適な物件って、どんな物件なの?と聞いてみると、家相が最悪だったり、お隣が刑務所だったり、冷静に見たら、どこがいい物件なのか?首をひねりたくなるような物件が、ほとんどだ。

五黄に目が眩んで、そういうのが素適に見えちゃうんだよね。

吉方位に引っ越すのも、凶方位に引っ越すのも、本人の自由だが、知っておいて欲しい。

剋気は、剋気の顔をしていない。

私も、凶方位だと分かっていても、目が眩んじゃうことがあるので、気をつけなくちゃ。

カテゴリ:
気学では、いくつか凶方位がある。その中で、一番しつこく影響を与え続けるのが五黄殺。

五黄が在泊している方位に、旅行したり、引越をすると、すべて無に帰るという作用がある。

つまり、五黄方位に旅行したり引越すると、自分が五黄の剋気をとってしまい、その後、コツコツと積み上げてきた努力が全てパーになったり、築きあげてきた会社が倒産したり、泥棒に入られて貯金が盗まれるなどといったことが起こる。

自分の柱が立たない、基盤ができない、それを作ろうと努力しても壊れてしまうということが起こる。


気学を知っていても、知らなくても、五黄の剋気は、多くの人が取っている。

今でこそ私は、気学のウンチクを垂れることが出来るが、気学を知る前は、自分が移動する方角を気にしたことは無かった。

気学を学んでから、それまでに自分が大きく移動した海外旅行や、引越の方角を調べてみたら、驚いた。

五黄方位に、10回以上、引越しているんだよね−。

「だから何をやっても、上手くいかないんだ!」と、その時、納得した。

人生を振り返ってみると、何かを夢中になって一生懸命やるんだけど、それが完成して形になる前に、または軌道に乗る前に、何らかの理由で全てパーになり、絶望して、何もしたくなくなって、しばらくボーっとして、でも元気が出てきたら、また何かをやって、また全てパーになって絶望するということを繰り返してきた。

このブログを始める前まではね。何をやっても、上手くいかない。どんどんダメになる、どんづまりだった。

2000年に引越を考えた時に、その当時、パソコン教室で教えていた生徒さんが気学を学んでいて、引越に良い方位と時期を教えてくれて、その通りにしたら、その数年後から人生が好転してきた。

その時にはじめて、方角の効果ってあるんだなーと知った。

その後、学ぶつもりはなかったのに、気学を学ぶようになってから、祐気とりに励みだし、早くも8年になるが、五黄の剋気は、しつこいし、しぶとい。いまだに悪い影響が出る。

まぁ、五黄方位に、10回以上、引越しているというのは、かなり重症なので、仕方ないんだけど。


でも今朝、起きがけに。

今まで色んなバンドで活動してきたけど、1回ライブやっただけで、またはやる前に、バンドが、ポシャってしまったり。

バンドの方向性が自分と違うことに気付いて、自分が辞めてしまったり。

ライブ直前に、メンバーが連絡もなく、消えていったり。

レコーディングして、CDを作って「よし!これからCDと一緒に、バンドを売りだしていう!」という時に、メンバーが辞めてしまって、そのCDを売ることが出来ず、お金と時間を無駄にしてしまったり。

本当に、そういう事が多くて、何度も絶望して、いまだにその部分では、前に進めていないところもあったけど、これらは「私のせい」じゃなく「五黄剋気のせい」だと、ようやく五黄に責任転嫁することができた(笑)

ずっと「自分のせいだ」と思って、自分を責め続けていたし、一体、私の何が悪いんだろう?どうして自分の一番、好きなことが上手くできないんだろう?と悩んでいたからね。

そういうのも五黄のせいだって、頭では分かっていたけど、いまいち自分の中で繋がっていなかったところがあったので、それが繋がって、楽になった。


気にしても、気にしなくても、知っていても、知らなくても、移動する時は、方角の影響がある。

旅行や引越の時は、移動する時期と方角が吉となるように、見ておいたほうがいいですよ。

気学鑑定、私は個人セッションでやってます。30分5,000円〜です。

カテゴリ:
生徒さんが「気学の漫画がある」といって、貸してくれたので読んだ。

蛇蝎─DAKATSUという漫画。

気学を悪用し、剋気方位(悪い方角)に殺したい人を旅行や引越などで移動させて、直接手を下さず、剋気に人を殺させるという話。

悪用しようとしなくても、たいていの人は自ら剋気方位を選んで旅行や引越をして、マイナスに働く気を吸収してるんだけどね。

こういう漫画は、気学を知らないと、チンプンカンプンじゃないかなー?と思うけど、気学の漫画って今まで見たことないので、画期的だなとも思う。

この漫画を読みながら電車で移動し、先日、36才で突然死した従姉妹の家に、お線香をあげにいってきた。

私は知らなかったけど、従姉妹は、あるバンドが好きで、追っかけをしていて、ライブを見るために海外にも、しょっちゅう行っていたらしい。

TOEIC900点で、英語ペラペラだったんだって。それじゃ1人でも、ガンガン行けちゃうね。

多分、ライブを見に海外行ってたのが、剋気とりになっていたのだろう。

移動する距離が遠ければ遠いほど、滞在日数が長ければ長いほど、剋気の影響は大きくなる。

従姉妹が、いつ、どこへ、どのくらいの日数移動していたか。そしてそれが祐気方位だったか、剋気方位だったか、調べてみたいところだが、なにも記録が残っていないので分からない。

またサラスヴァティがやってきた

カテゴリ:
サラスヴァティのお香


お客様に、サラスヴァティのお香を頂いた。

こういうのが、あるんだねー。

もったいなくて、使えない(笑)

飾っておこう。

カテゴリ:
普段は、クローゼットの扉を閉めているので、その向こう側に何があるのか、忘れてしまっていることが多い。

3部屋の収納の中には、大量の本と漫画とCD。

3箇所にバラけているのが不便なので、整理しようと思って、一箇所にまとめてみたら、ざっと数えて、CDは600枚ある!

いつの間に、こんなに増えたんだ?

収納というのは、恐ろしい。

CDは貴重な資料なので、処分しないから、どんどん増えちゃう。これはもう仕方ないですな。


本と漫画は、最低限必要なものを除いて、おおむね手放すことにした。

気付いた時に「欲しい人は持って行ってください」と、お客様にご案内している。売ったり捨てたりするより、それを必要としている知人に届いて、読んで貰えるほうが嬉しい。

今日は大量に、段ボール1箱くらい貰ってくれた方がいて助かった。

その中には、確か購入した時に、万単位のお金を払った記憶がある高価な本が数冊あって(これが、どなたの所に行くのか密かに楽しみだったのだが)こういうのも本当に、必要な人に届くようになっているだなーと実感した。

上手く出来てますね。

カテゴリ:
バラバラになった自分。

いつの間にか忘れていた、自分のいいところ。

いつの間にか遠くに追いやっていた、自分のやりたいことや好きなこと。

そうした自分の断片を集めて固める、デフラグのような作業を最近してる。

1つ1つ、拾い集めて。再構築中。

客席乱入プレイ

カテゴリ:
クイクイG



クイクイG、7回目のライブ。ご来場頂いた皆様、ありがとうございます。

お見舞いの品を下さった方には、重ねて、ありがとうございます。


皆で踊って盛り上がって、楽しかった。

今日ここまで元気になってやれたのは、応援してくれている皆様のお陰です。感謝してます。


個人的にも、バンドとしても、なんか、ひとつ突き抜けられた気がする。

やっぱり、ライブはいいね!

カテゴリ:
夜、バンドの練習。

ギターとエフェクターを担いで、近所のスタジオに行くだけで、息があがる。

ゼーハー、ゼーハー。


もう、ほとんど咳などの症状は無いけど、呼吸は、まだ辛い。

浅い呼吸しか出来ない。深く息が吸えないんだよね。

だから、ちょっと動いただけで、息があがる。

ゼーハー、ゼーハー。


こりゃー絶対、歌うの無理だ。やっぱりライブでは、歌は止めて、ギターだけ弾こう。

と、息を切らしながら思ったんだけど。


ギターをマーシャルに繋いで、グギャーン!って音出し、マイクをセッティングしたら、なんか、歌えそうな気がしてきた。

歌えるかも?


試しに歌ってみたら、息があがることなく、歌えた。

なんだ、歌えるじゃん。


ちょっと歩いただけで、息があがって苦しかったのに、なんで歌えるんでしょうねー。

音楽の持つ力?

それとも、芸人根性のなせる技?


「歌えない」とか言っていたのが嘘のように、演奏すればするほど元気になっていったので、ビックリ。

私にとっては、音楽が一番の薬なんですかね。


問題なさそうなので、明後日のライブは通常通り、歌うことにした。

快気祝いライブになるかな。

パーッと、いきましょう!

サラスヴァティがやってきた!

カテゴリ:
郵便ポストをあけたら、お客様から、お見舞いのお手紙とプレゼントが届いていた。

20111017サラスヴァティの3Dカードと、サラスヴァティの像。

嬉しい!

サラスヴァティからも、応援されているような気がしたよ。さっそく、お部屋に飾ります。


プレゼントを下さったお客様は、最後にお会いしたのは、2007年。

その後も年賀状やtwitterで交流はしていたけど、今までに数回しかお会いしたことないのに、私のこと心配してくれて、プレゼントを贈ってくれるなんて。

お手紙を読んで、泣いちゃった。

ありがたいです、ほんとに。

私は、お客様のことは結構覚えている方で、ご無沙汰になっている人は、その後どうしてるのかな?なんて思いを巡らせることが、よくあるので、ご連絡頂けるだけでも、とても嬉しいのです。

カテゴリ:
今回、私の体の具合が、ここまで悪化したのは、最初にかかっていた病院の医療ミスだと思う。

9月29日(木)まだ症状が軽い微熱&咳のうちから、医者にかかって、薬を飲んでいた。

この薬を飲んでみて、良くならなかったら次回、レントゲンを撮りましょうと医者から言われていた。

そして薬を飲んだら、治るどころか、どんどん熱が高くなり、39度まで上がって下がらないので、オカシイと思って、出された薬を飲み終わる前に、10月3日(月)に再度、同じ医者に行って診て貰った。

そうしたら、何故かレントゲンは撮らず、違う薬を出されたので、それを飲んだら、今度は咳が止まらなくなり、食事が出来なくなり、熱も下がらないし、いくらなんでも薬を飲んでいて、こんなに悪化するのはオカシイと思って、別の病院に行ったら、緊急入院となった。

入院した病院では、9月29日(木)の時点で肺炎にかかっていて、熱が上がった10月3日(月)に、もう1つ別の種類の肺炎にかかったと思われると言われた。

9月29日(木)、もしくは10月3日(月)に診て貰った時、なぜ肺炎だと分からなかったのだろうか?

その時点で分かっていたら、入院しなくて済んだろうし、こんなに長い間仕事休まなくても、あんな苦しい思いしなくても、済んだんじゃないか?

悔しいので入院中、最初にかかっていた医者に電話をし「あれから死にそうな目にあって、緊急入院して、W肺炎と喘息だと言われた」と伝えたら、「大変でしたね、お大事に」の一言で、済まされた。

そう簡単に非を認めはしないんだろうけれど、せめて、謝って欲しかった。

こういうのって、泣き寝入りするしかないの?どっかに訴えたりできないの?

お客さんが調べてくれて、日本医師会というところに言ったら、医者に注意をしてくれて改善したという話を教えてくれた。

自分でも調べてみた。でも日本医師会は、医師を守るための会なので、患者からの苦情は、あまり効果がないらしい。

患者からの苦情を受け付ける「患者の声」というところがあったので、そこに電話して上記の、医者にかかっていたら病気がヒドクなったいきさつを説明した。

一通り説明が終わったところで「で、ご相談は何ですか?」と聞かれた。

え?ご相談は何って?今、話していることが相談なんだけど。

一瞬パニクったが、明らかに医者の誤診だと思うので、治療費と薬代を返して貰うとか、せめて謝って貰うとか、できないんですか?と尋ねたら「無理でしょう」と言われた。

「患者の声」という行政機関では、医療機関に訴えることは出来ないので、訴えるなら、弁護士を通して訴えることになるが、9月29日(木)もしくは10月3日(月)の時点で、私が肺炎だったと証明するものが何もないので、難しいそうだ。

両日とも、医者は聴診器で音を聞き、喉の中を見ただけだ。

レントゲンとか、そういう証拠になるものが無いので、立証できないだろうという。

診察した時は、肺炎ではなく風邪だったと医師に言われたら、それで話は終わりなのだそうだ。

肺炎は、最初の段階では分かりにくく、風邪と診断されることも多いそうだが。

10月3日(月)に、レントゲン撮っていれば、肺炎だと分かったんじゃないかな。W肺炎だったんだし。

つくづく、悔しい。

「患者の声」で話をしてみて、ここも患者のためでなく、医師を守るために作られたものなんだろうなぁと感じた。

最初にかかっていた病院は、ここ数年かかりつけにしてた病院だったので信頼してたけど、信じた私がバカだったということで、オカシイと思ったら、すぐに病院、変えてみたほうがいいんだね。

このページのトップヘ

見出し画像
×