アーカイブ

2010年08月

カテゴリ:
月に1度の小顔矯正をやってもらった。

矯正してもらっている時に、まったく痛くないので驚いた。

いつもは、ものすごく、痛いのに。

矯正してくれている人も、私の体を触った感触や反応が、いつもと違うと、驚いていた。

きっと、リンパの流れを良くする施術を受けた後で、体が緩んでいるからなのだろう。

こんなに違いがあるとは、思わなかった。スゴイなぁ。

カテゴリ:
先週に引き続き、リンパの流れを良くする施術を受けてきた。

ガチガチに張っていた体が、柔らかくなり、凝りとむくみが、なくなる。

さらに、ウエスト周りが、少し細くなる。

すごーい!

予想以上に、納得いく効果が出るので、しばらくコレ、続けて受けてみようと思う。

カテゴリ:
バンドの練習。

新しくやったカバー曲、3曲が、思ったより、サクっと出来た。

演奏そのものより、ギターの音作りに悩む。

出したい音が「バーン!」と出たら、とても気持ちいい。

なので出したい音を出すために、毎回、試行錯誤だが、それが楽しいところでもある。

カテゴリ:
今日は通常業務。朝から晩まで、セミナーをした。

業務が終わってから、元気があまったので、ギターの練習というか、耳コピをした。

拾った音を、メモしとく。

耳が慣れてきたのか、または、手癖をつかんできたのか、以前に比べて、音を拾いやすくなっていて、思っていたよりも早く終わった。

あらかた音が取れたら、お手本音源にあわせて、実際にギターで弾いてみる。

お手本にあわせてギターを弾きながら、間合い、呼吸感を掴んでいく。

その時、ギターと、音と、お手本を弾いているプレーヤーと、ひとつになっている気がする。

短い、たった10秒のフレーズでも、繰り返し、何度も聞いて、何度も弾いて、自分のものにしていく。

これが私の、至福の時。

カテゴリ:
目覚まし時計が鳴っているのを、止めようとしただけなんだけど、手の持っていきどころを誤って、バキッと破壊してしまった。

これ、比較的、最近、買ったばかりなんだけどなー。もう役目が終わってしまったか。

こんな風に、思いがけず壊しちゃうことも最近、続いている。

こういう時、昔は「なんで壊れちゃったんだよー」と、グダグダ未練たっぷり、執着たっぷり、後悔たっぷりだったのだが、今は随分と、諦めが良くなったというか、引っかかることなく、サラっと受け流せているのが、自分の大きな変化だなぁと思う。

カテゴリ:
リンパの流れを良くする施術を受けてきた。

流れが詰まっているところを、グリグリやってもらって、ものすごく通りが良くなった。

エネルギーが、下まで下りていってる感覚が、しっかりとある。巡っている。

夜、体を動かすセミナーに参加したら、体を動かすのが、いつもより楽なように感じた。

そして、ここでも、エネルギーを下に下ろすことと、それにより、アバンダンスを現実化することを学んだ。

セミナーが終わってから、メールを受信したら、セッションやセミナー予約のメールが、たくさん届いたので驚いた。ありがとうございます。

私の中で、リンパの流れを良くしたから、流通も良くなったのかな?

巡らせることって大事だねぇ。まずは自分から、なんだねぇ。

カテゴリ:
長年抱えてきた大きな問題が、解決に向けて、動き出した!

と言っても、まだ、なにも、どうにも、なっていないけど、この一歩が踏み出せたことが嬉しい。これが無くなったら、どれだけ楽になることか。

これまでにも色々やって、だいぶ良くなってきたけど、それでも自分の内を掘れば、まだまだ、ヘドロが出てくる。

一体、どれだけ、ヘドロがあるんだろうとも思うが、どんどん、浄化されて、どんどん、キレイになって、どんどん、楽になっていく。

心だけでなく、体も。

断食したり、食べるものを制限したり、しているうちに、今までに無かった、ブツブツが、あちこちに出るようになった。

毒素が出ているようだが、なるべく出して、波動をより軽くしていきたいものだ。

やるから出来る

カテゴリ:
蓮の花と弁天堂この3日間、非常に濃厚で、とても多くの気付きと学びがあった。

学びの速度が、どんどん、速くなっているようにも感じた。

今日、読んだ本に「10分を1時間と考える」と書いてあったが、ほんと、それくらいのスピードで、時間が流れていく。

さらに、その本には、トレーニングが進むと、今1日かかって終わらせている仕事が、30分で終わるようになると書いてあった。

本当かな?とも思うが、実際に、そうやって生きて結果を出している著者がいる訳だし、自分も同じように出来たら、どんなに楽だろう。

出来るように、なりたい!

今までと同じように、同じやり方で、仕事をしていたら、ちっとも片付かない。時代がどんどん変化しているのに対し、自分も常に、変化する必要があるのを感じている。

「出来る」ことだけ、やっていたら、いつしか、取り残されていく。

「出来ない」と言って、やらないのではなく、「やりたい!」と思ったことを、やって、出来るようにしていこう。

むりやり海水浴

カテゴリ:
昨日に引き続き、祐気とり旅行。

朝ごはん温泉に入ってから、朝ごはん。

久しぶりに、ゆっくりと過ごせて、リフレッシュできた。

と言っても、食事と風呂以外の、ほとんどの時間、パソコンに向かって、ホームページのリニューアル作業をしていたが。

静かで、邪魔が入らないから、作業が進む。できることなら、あと、一週間位、ここで作業していたいなぁ。

今度、来る時は、連泊しようと決めた。

チェックアウトして、今度は、海。

海台風がきていて、天気が悪い。雲は、真っ黒だ。

それでも、海に入って遊んだ。

たまに、雨が降ってくる。

波は、非常に高い。

なにも、こんな、苦行みたいな海水浴、しなくてもいいと思うのだが、海水浴は貴重な楽しみであり、今日を逃すと、もう今年は、海に入る機会がなさそうなので、根性で入った。

それなりに遊んで、もう帰ろうと思って、海からあがって、シャワーを浴びていたら、風がものすごく強くなり、海は「遊泳禁止」となった。

今日も別の宿で一泊して、明日、始発で帰る予定でいたが、夜に予定していた花火大会が順延となったので、色々あって疲れちゃったし、祐気とり中断、予定を切り上げ帰って来た。

今回の祐気とりでは、大きい尅気が出た。

ここんとこ、祐気とりして、悪いことが起こることは無かったので、油断していたが、まだまだ、こんなに大きい尅気があるのが分かった。

尅気は出たら無くなるんだけど、今回は、尅気に邪魔されて、取れなかった祐気も多数あるので、尅気の根深さと恐ろしさも感じた。

今後も地道に、祐気とりを続けよう。

癒しの宿

カテゴリ:
祐気とり旅行。

前に、祐気とりで、2回ほど、温泉&湧き水を頂いた宿に泊まった。

ここで、ゆっくり、まったり、過ごしたかったんだよねー。念願かなって、嬉しい。

七福神私が寝た布団の上には、七福神が飾られていた。ちゃんとセッティングされているんだねぇ。

部屋で、くつろいでいたら、ご主人が、私がハマった(私が何度もココに来てしまう理由である)湧き水と温泉水、それからぶどうも出してくれた。

美味しい!

この湧き水は、すごく不思議で、飲むと、すぐ、トイレに行きたくなる。1時間のうち、2〜3回は行く。ものすごく、トイレが近くなる。

また、この温泉水は、飲むと、とっても肌がキレイになる。もちろん、温泉に入っても、肌はツルツルになるので、ここに一週間位、滞在して、温泉三昧したら、めっちゃキレイになるだろうなぁと思う。

露天風呂貸切の露天風呂に入って、リフレッシュ!シャワーも、温泉なのが嬉しい。

時折、鹿や猿も、やってくるらしい。私たちが入っている時には、来なかったけど。

風呂から出て、部屋でくつろぎつつ、パソコンで仕事していたら、鹿ジャーキーを出してくれた。



伊勢海老夜になって、炉辺焼きでの、晩御飯。

伊勢海老。サザエ。しいたけ。あじ。



カサゴの煮付けカサゴの煮付け。



鰯を揚げた鰯をシソで巻いて揚げたの。



猪の肉猪の肉。



豚肉豚肉。



とうもろこしと煮物とうもろこし。



ムール貝ムール貝。



焼きおにぎり焼きおにぎり。



湧き水と温泉と、この豊富な食べ物。なんて豊かな土地なんだろうと思う。

宿のご主人が、花火を用意してくれていて、食事の後、皆で花火をした。

それから、なんでか忘れたけど「UFOを呼ぼう」という話になり、皆で呼んでみたら、それまでドンヨリと曇って、何も見えなかった空が急に、どんどん晴れてきて、満点の星が見えた!東京では考えられない、星の数。

それから、ご主人に、セッションをした。

これまで、ここに立ち寄るたびに、何かと、よくしてもらっているので、なんらかの形で、御礼がしたいなーと思っていて。

エネルギーとかスピリチュアル好きみたいだし、セッション受けたら良さそう!だと思ったんだよね。

そして受けてもらっている時に、ご主人は、ものすごーく、エネルギーを感じたそうで、とてもビックリされていた。そして「今度は、東京に受けに行く」とも言ってくれた。気に入ってくれたみたいで、嬉しい。

セッションを受けると、眠っている能力が活性化し、目覚めていく。受ければ受けるほど、目覚めていく。

私はこれまでに何度受けたか、数え切れないけど、目覚めてみると、今まで“自分”だと思っていた自分が、いかに、ほんの一部分であったかに気付く。

人の能力は、90パーセント以上が眠っているというからね。眠っているところのほうが多いわけで、もっと目覚めたら、もしかしたら、楽々と、UFOが呼べるようになるかもしれない(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×