アーカイブ

2010年06月

山へドライブ

カテゴリ:
祐気とりを兼ねて、仲間のお手伝いをしに、山に行った。

手伝わせて貰って、勉強になったし、貴重な体験をさせて貰えて、ありがたかった。

山緑がいっぱい。自然がいっぱい。

山があって、川があって、いいところだなぁ。ドライブしながら、景色を見ているだけで癒される。

ドリームフェザー

カテゴリ:
ドリームフェザー仲間が作った羽を見て、一目ぼれして、購入した。

とっても素敵。

使うのが楽しみ。

一口ごとにトリップ

カテゴリ:
仕事お休みして、祐気とり。

今回は、5月に祐気とりしに行った宿で教えてもらった滝の湧き水まで、お水を汲みに行く予定でいた。

しかし、そこに到着する前に、飲める温泉を分けてもらおうと、宿に立ち寄ったら、今の時期は、湧き水を汲みに行かないほうがいいという。

ありゃりゃ。今日のメインイベントなのに。

なぜ?と聞いたら、ヒルが大量に待ち構えているんだって。行ってもいいけど、9割以上は、ヒルに血を吸われるという。

話を聞いているうちに、行く気が失せてきたので、滝に行くのは止めた。湧き水は、その宿でも汲めるので、そこで分けてもらった。

そして、お昼ご飯を食べるのに、オススメの場所を教えてもらったので、そこに行ってみた。

「どんなに混んでいても、絶対、カウンターで食べるように」とも言われていたので、カウンターに座って、オススメのメニューを頼んだ。

お寿司その1手前のお寿司は、二人前。

奥の右は、葉っぱ。真ん中は、魚を揚げたのを冷やして、マリネのようにしたもの。左は、珍しい、サバのユッケ。



お寿司その2続けて、お寿司。こちらも、二人前。

一番、右のは地魚で、アジ科のカイワリというそうだ。



お寿司その3イカとエビの、グラタン。

食べると、中から出てくる“汁”が美味しい。しかし、この汁は「飲まずに残しておくように」と、店員さんが言う。なんでだろ。



お寿司その4のりまき。これも、二人前。



お寿司その5グラタンを食べ終わると、中に、ご飯とネギが投入された。

汁は、このために残しておいたんだねぇ。



お寿司その6おつゆが出てきた。そろそろ、終わりかな。



お寿司その7最後のお寿司は、焼いた魚が乗っていた。

「出前じゃ、絶対出せない」と、大将が言っていた。




どれも、旨かった。

一口、食べるごとに、とろけて、どこか遠くに、飛んでいってしまう。

この内容で、3,600円位。大満足。

紹介してくれた人が「カウンターで食べろ」と言った意味も、よく分かった。大将から、美味しい干物の注文の仕方と焼き方、引き寄せの法則、安い宿、安い露天風呂などを教えてもらい、お腹も情報も満たされた。


海が見える温泉食事の後は、海が見える温泉に入って、まったりした。

この温泉の素晴らしいところは、休憩所にあるマッサージ機3台、すべて無料というところ。

海を見ながら、マッサージ機にのって、極楽だった。

カテゴリ:
4年前に買ったサマーベッド。

買った当初は、面白がって使っていたが、いつからか、ベランダに放置しっぱなしだったので、久しぶりに出してきて、洗って、テラスに置いた。

そして夜、テラスのサマーベッドに寝転び、西新宿高層ビル群を眺めながら、アイスを食べた。

あー、幸せ。

そうして過ごしていたのは、ほんの数分だったけど、昨日今日の疲れが、一気に癒された。

テラスに、もっと緑があったら、いいな。と思いつつ、なかなか、そうする暇がなくて、手をつけられないでいたけど。

私がやらなきゃ、誰がやる?

やっぱり、やろう。

ここを緑で一杯にして、楽園を作ろう。

カテゴリ:
先日買ったノートパソコンの設定が、ほぼ終わり、仕事で使えるようになってきた。余分なもの入ってないから、動き早いし、快適。

これをきっかけに、デスクトップパソコンの中身も、整理し直し始めた。

ファイルも、メールも、アカウントも、ソフトも、いつのまにか増えて、ぐちゃぐちゃになってる。


ぐちゃぐちゃになっていると言っても

・要るもの

・要らないもの

この、ふたつしか、ないはずなんだけどね。


分類整理しながら、要らないものを削除する。これが片付いて、軽くなったら、その後に、やりたいことが、あるので、早いとこ、片付けちゃおう。

カテゴリ:
チャネリング練習会に行き、チャネリングを受けまくってきた。

「ここんとこ、これこれ、こういう状況なんですけれど、どうしたら、いいですか?」と質問したら「やり方なんて誰も知らないんだから、自分でやって作っていけ」と言われたのが、ツボに入った。

まさに、その通り。

困っている時ほど「どうしたら、いいですか?」と、他の存在に聞いてしまうものだが、私の人生の創造主は、私なのだった。

ということを思い出したら、ふっきれ、スッキリした。これからも楽しく、クリエーションしていこう。

それにしても、このチャネリング練習会は、素晴らしい。

2時間ビッチリ、4名のチャネラーさんにチャネリングしてもらって、料金は千円。

安すぎる。

チャネリングして貰わなくても、この部屋にいるだけでも、気持ちいい。

この練習会は、ほぼ毎週、開催しているそうなので、チャネリングに興味ある人は、受けに行ってみては?

カテゴリ:
ものすごい勢いで、変化している。

ついていくのに、精一杯。

いや、ついていけて、ないかも(笑)

予定は急に変わるし、人や物は入れ替わるし、そうしているうちにゴミやヘドロも出て、予想外のことが多発し、バランス取るのが、キツイ。

あれこれ振り回されて、どうも着地できない。

ここんとこ、ずっと、走りっぱなしだもんな。

前々から考えていた「緑化計画」が、計画のままストップしているので、少しでも進めようと思い、気分転換も兼ね、観葉植物を、少し買ってきた。

部屋に置いたら、いい感じ。

癒されるし、落ち着く。

植物って、すごいな。

土があるのも、いいんだろうな。

梅雨になって、水が強くなってきているから、これで、ちょっと、バランス取れてくるかもしれない。

部屋に入って、パっと、植物の緑が、目に入ってくるのが、いい。

それを見て、やっと、余裕を取り戻せたような気がした。

部屋は、心の中を写しているとも思った。

リベンジモード突入!

カテゴリ:
「禁断症状が出てきた」と、お客様が言った。

何の禁断症状か?と聞いたら、「ゴミ拾い」だと言う。

山手線一周ゴミ拾いウォークラリーに、後半になってから、ほぼ毎回、参加されていたから。

毎週、水曜日の朝に、2時間、ゴミを拾っていたのが、終わってしまったので、禁断症状が出てきたそうなのだ。

「ゴミを拾いたくて仕方ない。ムズムズする。」と言う。


分かる!!

私も、ゴミ拾い、したくて仕方ない。


まさか、ゴミ拾いに、禁断症状が出るとは思わなかったが(笑)

ゴミ拾いしていると、自分の浄化になるからね。毎週2時間やっていたのが、無くなってしまったのは、ちと辛い。禁断症状っていう気持ち、よく分かる。


そこで・・・。


山手線ゴミ拾い・リベンジモード突入ビー。ビー。

緊急事態発生!

「山手線一周ゴミ拾い・リベンジモード突入!」

あー、また、こんなもん作ってしまった(笑)


7月、8月、9月は、山手線一周ゴミ拾いをしているうちに、出会った難所、ゴミが多かったところを重点的に、ゴミ拾いしてキレイにする「リベンジ編」を、やります。

まず第一弾!は、7/14(水)田町駅・北または南改札、6時に集合。

ミッション
「8時までに、田町から浜松町へ向かう、第一京浜沿いの植え込みをキレイにせよ!!」

ご興味ありましたら、どなたでも、お気軽に、ご参加ください。

ここが、どれだけゴミが多かったか?は、こちらのブログ・過去記事をご覧ください

ゴミ拾いは、2時間程度。8時には終了するつもり。

雨天の場合は、翌日か翌週に延期します。

カテゴリ:
ついに観念して、スイカと、持ち運び用PCを買った。

この2つ。便利なのは分かっているけど、「持つのイヤ」って、長年、抵抗してたからなー。私にとっては、大変化。

抵抗が外れると、楽になる。抵抗って、外れちゃえば、なんていことないのに、かたくなに抵抗しつづける心理は不思議だ。

クリエーションは楽しいな

カテゴリ:
それは、メルマガの原稿を書いている時に、突如としてやってきた。

「ホームページ、リニューアルするぞ!」


5月のアタマから、プチ・リニューアル作業に、入ってはいるんだけど、作業が途中で止まったまま、全然、進まない。

こういう状態、イヤなのね。やるっつったら、ちゃっちゃと、やり遂げて、完成させたいんだけど、進まない。

はかどらない理由を、洗い出しているうちに「CMSの動作が重い・遅い」ということが、ネックになっていることが分かった。

昨年のGWから、CMSに移行した。それで便利になったところもあるけれど、不便になったところも、ある。

どっちがいいか天秤にかけ、CMSはやめて、サイトを作り直すことに決めた。

そうと決まったら、鉄は熱いうちに打て!

ギターを弾く七実さっそく、作業に取り掛かる。

自由にホームページが作れるのって、楽しいな。

写真は、本文とは、まったく関係ないけど、ホームページを作るのも、自由にギターが弾けて楽しいのも、私にとっては、自分を表現するということで、一緒なので。

延々とギターソロを弾いているかのように、ホームページを作っていたら、夜が明けた。

こういう楽しい作業をしていると、時間が経つのを忘れてしまう。時間は、いくらあっても足りないなー。

このページのトップヘ

見出し画像
×