アーカイブ

2008年10月

カテゴリ:
大掃除して、スッキリした。

それから溜め込んでた仕事を、少し消化できたので、これまたスッキリした。

家も仕事も、常に、流れを良くしておきたいものだが、ふと気づくと、どこかが停滞してるから参る。溜め込まないように、毎日ちょこちょこ、出来たらいいんだろうけどね。

カテゴリ:
最近は、自分の体が、変わってきているのを観察するのが面白い。

10年20年という長い間、持ち越しているトラブル、足のすねの肌荒れと、顔のニキビ跡が、少しずつ薄れてきているのだ。

6年間、気をかけ続けて、やっとかよ。。ってのもあるんだけど(笑)それだけ根深いネガティブなものが、潜在意識に刷り込まれていたのでしょうね。

イイ感じで、ふっきれてきているようだ。

少しずつだとしても、気を流すと、軽くなって、楽になる。そうしてクリアした分、次の新しいテーマに、チャレンジしていけるように思う。

この人生に持ってきてる課題は、とてもたくさんあるみたいだから、できれば、ちゃっちゃとクリアしていきたいねぇ。

カテゴリ:
たいして仕込みできないまま、ブルースユニットの練習のため、スタジオ入った。

ボーカル、ベース、ドラム、ギター(私)の4人しかいないけど、メンツが全員揃うのは初めて、初音合わせだ。

ドラマーとボーカルとは、2回ずつ会った事がある。ベーシストとは、ネットでやりとりしただけで、今日初めてお会いした。

全員を、私が繋いでる形になるので、みんなは初対面同士だと思っていたら、なんと、1年前にドラマーとベースは、別のバンドで、一度だけスタジオ入ったことがあるそうだ。

お互いに連絡先も知らず、それっきりだったらしいので、再会したことに、本人同士も驚いてたけど、ものすごい偶然なのか、それとも世間が狭いだけなのか・・・。

このベーシストさんが、すごいんだよ。なにひとつ打ち合わせしていないのに、私が欲しい音を欲しいところに出してくる。音で会話しかけてくるし、ノリとか、表情とか、呼吸とか、私が一緒にやるベーシストに望むもの、兼ね揃えている。

こういうベースが欲しかったのだ。かなり、ドンピシャ。こいつは逃しちゃいけねぇと、このブルースユニットとは別に、私と一緒にバンドやらないか?と口説いたら、OKしてくれた。

やったー!!!これから楽しくなりそうだ。

それはさておき、練習の休憩中にスタジオの分厚いドアで、左手の指を挟んでしまった。中指の第一と第二関節の間が、なんか赤くなってるし、血出てるし、痛いし。あぎゃ。

騒ぐと心配かけてしまうので、黙って、すかさずレイキした。

ちょっと、これでギター弾いたらヤバそうよ・・・っていうか、弾けるんかいな?って状態だったけど、血はすぐ止まったので、あんまり中指使わないようにして弾いた。

練習しにきて、ギター弾けないんじゃ話しにならんので、こういう時に、レイキ使えると、回復が早く本当に助かる。

でも指は、赤く腫れて痛い。ギターは弾けたのに、パソコンのキーボードは打てないのは何故だ(笑)完治してないので、しばらく大事とろうと思う。

ギリギリ進行

カテゴリ:
昨日は、祐気とりに行った。

今日は時間の感覚が、いつもに増して、麻痺していた。

明日の夕方までに(といっても、これ書いてる時点で、もう明日になってるが)5曲、ギターで弾けるようになっておかなきゃマズイのに、まだ1曲も、あわせてすらいない。

いつもながら、この、ギリギリのタイム感が恐ろしい。

もう動けないし、眠いから寝るけどさ〜、明日の早朝しか練習する時間ないんだけど〜、早起きしてやれるか?というと、無理だろうな。

12時間後に、何もせず自動的に、5曲も弾けるようになるとは思えんが、またぶっつけ本番かなぁ。


<熊本で撮った写真〜幣立神宮>

幣立神宮幣立神宮。ゆみえさんのオススメのままに行ったんだけど、ここは色々と凄かった。行った時は知らなかったけど、中央構造線っていうのの上にあるらしいね。詳細は、ネットで調べてください。


東御手洗社殿よりさらに奥へ、歩いて10分位、行ったところに東御手洗という所がある。瓊瓊杵尊が、ここのご神水で、全国の主要地を清められたそうだ。

その辺をウロウロして、ふっと目に止まった看板の説明にビックリした。昨日、八大龍王水神を、お参りしたばかりだったから。なんで、また龍王に繋がるのかな〜?とか言いつつ、やることやったら「仕事が終わった」感じがした。


鳥居よく見たら、ここの入り口にある鳥居に龍がいた。社殿に戻って、末社をもう一度チェックしてみたら、水神の前にある鳥居は同じ、龍がいる鳥居だった。最初に見た時には気づかなかった。見ているようで、見てないものだね。

次の課題はブルース10曲

カテゴリ:
お休み。

休みの間に、やりたいことは色々あるが、せっぱつまった家事やって、○○の練習して、□□して、△△の練習をして、結構ヘビー。

気分転換と運動のため、歩いて新宿まで行き、ツタヤでDVDをチェックした。CDは見ると、とんでもない量を借りてきてしまうため、見ないようにして、昭和天皇のDVD1枚だけ借り、歩いて帰ってきた。

人が多くて、なんだか疲れた。

癒されたい。

ゲームのイントロで流れる、エンドレスで繰り返しの、あの音楽。

音源ないかなぁ?と探してみたら、CDあった!うわー、昔のゲームの音だなぁ。これを、もうちょっと、ゆったりしたテンポで、ハープでやったら、いい感じになると思うので、自分の癒し用音楽で、レコーディングして作ってみたいな。

そんなことしていられる、時間があれば。。。

少し休んでから、次はバンドの演奏しに、スタジオへ出かけた。一緒にやる予定だった、アメリカ人ドラマーが、仕事で来れなくなったので、急遽メタル好きのドラマーさんとセッションすることになった。

その人は、普段ツーバスでやるというので、かなり楽しみにしていたのだが、本人は脱メタルしたいらしく、シンプルなセットで叩いていた。が、なかなかイイ感じで叩いてくれた。

しかし、今日もまた、演奏は垂れ流しだ。バンドのメンバーが定まっていないので、作品として煮詰めていけないジレンマは、日に日につのる。メンバー、早く決まんないかな。

もうひとつやり始めたブルースユニットは、順調に進んでる。

曲目も決まって、12/3(水)20時からのライブでは、前半はボーカルの姉さんと2人でアコースティックで渋いのやって、後半はバンドでやる予定だ。私はアコギとエレキの両刀使いで、やるのは10曲、ナメてたけど意外に大変かも。聞き込んで覚えなきゃ。

あたしゃ英語の歌詞を覚えられません。毎度のことだが、脳みそに、メモリースティックさせたらいいのに。。。ねぇ。


<宮崎で撮った写真〜高千穂峡>

高千穂峡熊本に移動する途中、早朝に立ち寄った高千穂峡。普段はボートが出ているので「ここでボートが写っていない写真を撮れるのは珍しい」そうだが、この時は増水で、ボートは運休だったのさ。


真名井の滝駐車場のオジさんの話では、数日前に異臭騒ぎがあったそうだ。どこからともなく異臭がすると騒ぎになったので、消防を呼んで、原因を調べたんだって。


玉垂の滝そうしたら異臭のもとは、きんもくせい、だったらしい。きんもくせいって、毎年のことだろうし、消防を呼ぶ前に気づかないかな?って思うんだけどね。私は、きんもくせいが、どんな匂いなのか知りませんが、何事もなくて良かったです。

グラウンディングに

カテゴリ:
年間100本以上ライブをされている方とお話し、グラウンディングすることの大変さで盛り上がる。

行ったり来たりが大変だ。やればやるほど上下の振幅が大きくなっていくので、バランスとるのが難儀になる。

私は、ライブはたいした本数やってないけど、仕事で同じことを感じているので、着地できない苦しさは分かるような気がする。ジェットコースターから降りてホっとしたいのに、降りる方法が分からないんだよな。

私のグラウンディングする方法としては、このブログを書くことと、家計簿をつけることが、かなり大きく役立っている。その日を記録することで、その日の現実的な部分に着地できるように思うのだ。

家計簿つけるのメンドイって人も多いだろうけど、私は、つけると、ホっとする。意外に、グラウンディングに、いい方法かもしれないよ。


<宮崎で撮った写真〜おやつ>

ジャムモナカ同じ宿に泊まった人たちと一緒に、コンビニに行って、目が釘付けになってしまったアイス。同じ宿に泊まった人が、買って皆にシェアしてくれた。


美味しいジャムモナカバニラアイスの中に、苺ジャムが入っていて美味しかった。思い出すと、また食べたくなる。ジャムとアイスって、合うんだねぇ。

待つのがツライ

カテゴリ:
今日は、ほぼ1日中、仕事で使う資料の整理をして終わった。大きい山が片付いて、少しホっとする。

こういう個人で動ける仕事は、いいのだが。

何人か他の人たちとメールで連絡をとりあって、全員のスケジュールを聞いて、全員が空いているところで予定を入れたり時間調整するという作業が、仕事とバンドで同時進行で入って疲労した。予定提出のお返事まだの人、できるだけ早く送ってください。

夜は、ファンクラブ限定の、人間椅子ライブがあった。私はファンクラブに入ってないので、チケット買えなかったんだけど、スカっとしに行きたかったなぁ。

アンコールで最後にやった曲が、昨日紹介した「ダイナマイト」だったと聞いた。もしかして私ってば、なんかキャッチしちゃってた?なんてことは、無いか。


<宮崎で撮った写真〜八大龍王水神>

八大龍王水神・入口東京で旅行プラン立ててる時は、まったく眼中になかったが、宮崎に到着してから「ここはぜひとも行かねば」と思って行った八大龍王水神。ここは今後も何かと、キーワードとなる場所であった。

ちょうど日暮れ時で、暗かったから余計に、そう見えたのかもしれないが、入り口は木で隠されているように見えた。木の向こうに鳥居があるのだが、普通に歩いていたら、ここが入口だとは気づかず、見逃したかもしれない。注連縄が張られた太い木の、左横を入るとすぐ拝殿がある。右手前には、井戸(龍脈・水脈)もある。

八大龍王水神お線香をあげる。鳥居をくぐって、お線香というのは、かなり変わっているが、八大龍王は、法華経に登場する仏教のもの。しかし、お線香の向こうに飾られている「高天原に坐し坐して〜」で始まる龍神祝詞は、神道だ。

神仏習合で、混じっちゃったと聞いた。とても狭いが、不思議なところだった。

ある出来事をどう捉えるか

カテゴリ:
導かれるまま、行き当たりバッタリだった九州旅行のパズルは、いまなお解かれ続けている。撮影した写真整理しながら、気になる情報を調べると、シンクロだらけ。

メンドイので、細かいことはブログに書いてないが、だいぶ、糸を引いてる大本が見えてきた。発見があるたび、驚いて、ゆみえさんに報告すると、また向こうからも驚き情報が返ってくるので、2人でビックリしては、鳥肌立てている。

私とゆみえさん2人だけのことじゃなくて、ウチに来られているお客様とも、しっかりシンクロし、大きなスケールで絡んでたりするので、いったい何なんだって思うんだけど、まぁ、そういうもんなんでしょうね。

数ヶ月前に旅行会社から電話かかってきて、メキシコから日本に旅行で来られるご夫妻に、セッションしてほしいと依頼があって、今日がその約束の時だったので、予定あけて待ってたんだけど、一向に連絡がないまま夜中になる。

すっぽかされたか、はたまた、約束したこと自体、忘れさられたか。

昔は、ドタキャンされた上にキャンセル料を踏み倒されると、いちいち激怒していたが、ドタキャンされたことで「それで自分の負債を返せたんだ」と思うようにしたら、頭にこなくなり、気にもとめなくなってきた。

それよりも、なによりも、それで空いた時間は、神様からのプレゼント!いやっほー!

机の上で山積みになっている仕事を、ガシガシ片付けた。少し、机が見えるようになってきた(笑)やった、もう一息だ。

どうでもいいけど、『ダイナマイト/人間椅子』いい歌だなぁ。たまには、行きたいな。

<宮崎で撮った写真〜天安河原>

天安河原天岩戸神社から、歩いて10分くらいのところ。天照大神が、天岩戸にひきこもった時に、八百万の神々が、ここに集まって「どうする?」と、相談したと伝えられている。

主祭神が、八百万の神だそうで、石を積み重ねて願い事をすると、なんでも叶うそうだ。通路の周りには、所狭しと、石が積み重ねられていた。

強制的お勉強

カテゴリ:
前々から英語を聞き取れるようになったり、喋れるようになったりしたいと言っていたが、机に向かって勉強する時間は、まるで無い。

まぁ、机に向かって勉強したところで、英語を喋れるようにはならないんだけど、もしかしたら、そうした状況を、強制的に打破できるかもしれない出来事が起こった。

ベーシストが、「この人と一緒にバンドやろう」と言って、アメリカ人のドラマーを連れて来たのだ。

普段は英語教師をしている人らしいが、日本語は、ほとんど喋れない分からないらしく、ベーシストは、がんばって英語でコミュニケーションとっている。

2人が何を話しているのか、あたしゃ、さっぱり分からないが。

これは、チャンスなのか?

それとも、いつもの、苦行か?(笑)

必要に迫られなければ、勉強なんてしないし、やっぱ、チャンスなのかなぁ。


<宮崎で撮った写真〜天岩戸神社・西宮>

天岩戸神社・西宮拝殿天岩戸神社・西宮の拝殿。この奥に、とんでもないものがある。天照大神が、弟の素差男命が悪さいっぱいするのにブチ切れて、引きこもったといわれる場所、天岩戸の洞窟があるのだ。

前にも書いたが「ただの岩だろう」とナメてた私は、甘かった。全身鳥肌、毛穴全開、総員第1種戦闘配置、今回の旅で一番エネルギー感じたのは、この奥にある天岩戸だった。


天安河原天岩戸の洞窟は撮影禁止だったので、写真は、そこから続いている天安河原の辺り。雰囲気は、こんな感じで、川が流れていて、山のところに巨大な洞窟があった。


神楽殿神楽殿。上のほうに、切り絵になっている白い紙が、一周囲むように張り巡らされている。これは始めて見たけど、桐原亮司の切り絵みたい・・・。


開運彫物白い紙は、開運彫物というようだ。気学で使う五行や干支が表されているので興味深い。

旅行の前に、岩塩バスソルトを徹夜で袋詰めしていた時「たまにはテレビでも見ながらやるか」と、珍しくつけたテレビで再放送してたドラマ「百夜行」にハマって、小説も一気読みしたのは、桐原亮司の切り絵と、開運彫物を繋いで「おー、シンクロ!?」と私に言わせるためだったのかい?切り絵は、滅多に見る機会ないもんなぁ。

有限ってやーねぇ

カテゴリ:
ブルース・ユニットでやる楽曲の資料を作り、ゲスト参加してくれる予定のベースとドラムの若者にメールしたりしてたら、夜になっちまった。

ありゃりゃ。こういう作業は、思ってるより時間かかるな。今日やろうと思っていたことの、1/10も片付いていないけど、時間なので慌てて出かけ、チャネリングの補講を受けてきた。

チャネリングの練習も、もっとたくさんしたいけど、仕事もせなあかんし、ギターも弾きたいし、たまには遊びたいし、なーんで、こんなに、時間って、ないんだろうなぁ。

九州旅行中に、一緒に気学を学んだ仲間から珍しく電話かかってきて、気学を習ったところが、来年から私たちを講師として招く計画でいる話を聞いた。

2〜3年前に講師を希望した時は「ろくに経験もない若造が講師なんて10年早い」って言われて、ムカついたんだけど(笑)

ここはホームページなんてないし、宣伝も一切していない。多分コネでしか知ることができない由緒ある会だ。だけど私の先生は高齢のため教えられなくなり、現状、講師として活動できる人がいなくて、継続が危うい状態になっているのだと思われる。

先生から奥義まで学んだのは私と、一緒に学んでいた仲間の2人しかいないらしく、それで白羽の矢が当たったのだろう。

そこの講師になることは、とても願っていたことだし、ありがたい名誉なことではあるが、今の状況で飛び込んでいいのか、ちと、悩む。

まぁ、まだ私のところには、直接そこから話きてないので、先走って悩む必要もないんだけどさ。もしやるとしたら、仕事が増えて手が回りきらず、大変になることは容易に予測できる。

やりたいことは、たくさんあるのに、それをやれる時間は、なんて少ないんだろう。オソロシや。

あー、あたしゃ絶対、105歳までは生きてやるぞ。と最近、思うんだけど、105歳の自分を想像すると、それはそれで、オソロシや。


<宮崎で撮った写真〜高千穂近辺>

高千穂太郎の墓高千穂太郎の墓。ここは車で、前を通っただけ。墓なのに鳥居?と不思議に思い、車の中から撮影した。

斜め右上から鳥居にかけての虹のような光は、日光でしょうかねぇ?


稲さっきのお墓から、もうちょっと山中に入ったところ。キレイに稲が並んでいたので、助手席のゆみえさんに撮影してもらった。

さっきの写真より少し薄いけど、同じように、斜め右上から中央にかけて走ってる、虹のような光は何だ?暑いので窓は開けていたから、ガラスの反射ではないと思うんだけど。日光でしょうかねぇ。


神武天皇腰掛岩さっきより、さらに山中に入ったところにあった、神武天皇腰掛岩。この山道は、ところどころに、こういうのや、神様が奉ってあったりもして面白かった。降りて見たのはココだけだけど、時間に余裕があれば、1つ1つ、ゆっくり見ていきたかったな。

このページのトップヘ

見出し画像
×