アーカイブ

2008年04月

カテゴリ:
先日の告別式の後、父の遺骨を実家に持って行った時、壁に、蟹の殻が飾ってあるのを、弟が教えてくれた。もちろん中身はなくて、かなり白くなってる胴体&頭の殻だけが、壁に引っ掛けられている。

ちっとも目に入ってなかったけれど、なんじゃこりゃ?なんで蟹が飾ってあるんだ?

話を聞くと、これは弟が、新潟に出張した時に買って、家に送った蟹なんだって。観賞用じゃないよ、食用だよ。

それが、よっぽど美味かったのか、それとも、そうした弟の行為に感動したのか、食べ終わった後、父が記念に飾ったそうだ。

「裏に名前と日付が書いてあるんだよ」と言うので、殻の内側を見たら、本当にマジックで、父の筆跡で、弟の名前と日付が書かれていた。

弟よ。いくら世の中広いと言っても、蟹の殻に名前を書かれた人物は、君しかいないであろう。

日付をみると、その間に両親は1回、引越してるので、この蟹の殻も、一緒に引越してきたことになる。

そこまでするか?と思うが、この感性、たまんない。父は、よっぽど嬉しく、また寂しかったんだろうなぁ。

弟よ、その白くなった蟹の殻、形見に貰っとけ。

カテゴリ:
数日前に、バンドのブログを作ろうと思いたってから、WordPress がいいか?MovableType がいいか?どっちが良いか?で、ボンヤリ悩んでる。

いや、悩んでる“つもり”だった。

この、どっちかで作ろうと思いたった理由は「使ったことが無いから」なんだけど、使ったことが無い状態で、どっちがいいか?と悩んだところで、答えが出るはずがない。

どっちも使ってみなきゃ、どっちがいいかなんて、分かんないよな。

私は一体、何を悩んでいたんだろうか。。。バカみたい。ということで、とりあえず、どっちも作って、どっちも使ってみて、どっちにするか決めることにした。


ということに気付いたら、日常生活では多々、こうしたことがあるのに気が付いた。

上記のように、どっちも知らないのに、どっちがいいか悩んだり。やったことないことを「やれるかどうか?」悩んだりすることも、結構あるよね〜。

悩んでも分からないよね。やってみなきゃね。

カテゴリ:
今日から、通常通り営業再開です。

なんだかんだで1週間休んじゃったんだなぁ。。。と思って、メルマガにも、そう書いちゃったけど、あれ?実際は、そんなに休んでいないのか。先週の土日は、普通に仕事していたもんね。

ん〜、やっぱ、なんか、感覚が変かも。なんか、どっか、ボケてるなぁ。

今日は、2人の人に「一回り小さくなったみたい」と言われた。

それが「痩せた」ということであるなら、とても嬉しいことだが(笑)でも、痩せたなら、普通に「痩せたんじゃない?」って言うと思うので、なんとも微妙だわ。何が、一回り小さくなったんだろう?態度だろうか?(笑)

昼間は、セッションや鑑定をさせて頂いて、夜はエネルギーワークの練習会を開催した。このクラスは申込開始すると、いつもすぐ定員一杯になっちゃうのに、GW前だからか参加者さん少なく、かなり濃密に出来た。

ワークショップを開催するようになって、私は、誘導することの面白さに目覚めてきたよ。誘導って、ただ言葉を喋っているだけかと思っていたけど、エネルギーを感じられて、これが面白いのだ。

こういうのって、やってみないと、ほんと分からないものだね。何事も経験が大事ですねぇ。

カテゴリ:
今日が休みで助かった。

休みと言っても、御礼状を出したり、これからのこと考えたり、なんだかんだで忙しいんだけどさ。久しぶりに、ゆっくり寝れた。

バランスを取り戻すために、1時間ほど瞑想する。自分の中が、少し安定する。やっぱ、こういう時間は大切だな。

親しい人の死という、過度なストレスを受けた時は「自分では平気なつもり。でも・・・」というのが怖い。

婆ちゃんが亡くなった時、私は普通に日常を過ごしていたつもりだが、周囲にいた人は、私の言動について「1年くらい、なんか、おかしかった」と後から言っていた。

自分では、いたって普通でいたつもりだったので、後からそう聞いて、自分で気付かないところで、おかしくなるのかもなぁ?と少しショックを受けた記憶がある。

でも分かんない。

当時と違って、今では日常で、霊だの気だのという話ばかりしているから、普通の人から見たら、ずっと、おかしいのかもしれないし(笑)ま、いいけどね。

でも、そういうのじゃなくて。電話に出た時に、気付いたら「しもしも!」とか言ってたりもするんで(もしもし、が何故か、ひっくりかえってる)気をつけなきゃ。何か私に変なとこあったら、指摘してくださいね。

カテゴリ:
告別式も無事終わり。

最後の最後まで、私に「余ってるギターないか?」と、父は聞いていた。欲しかったんだろうなぁ。

たくさんギター持って、普段弾かなかったとしても、ギタリストにとって「余っているギター」は無いのだよ。でも、1本くらい、貸してあげれば良かったかな。

父が治るためにと、何かと、お金を使ったけれど、そんなことより、ギター買ってあげた方が良かったかなぁ。

うー、最後くらい、思いっきり弾かせてあげたかったなぁ。指が動かなくても、せめて、ネック握るだけでも。ギターを抱くだけでも。させてあげれば良かったなぁ。

父の棺の中に、ギターを入れてあげたかったけど、燃えないものはダメだというので、ギターを印刷した紙を入れた。マーチンの、138万円のギターだぜ。思いっきり弾いてくれ。印刷だけど。

弟は、しゃもじと菜箸、セーターを入れていた。母は、煙草を入れていた。私は、手紙とギターを印刷した紙を胸に抱かせた。酒は入れられなかったけど、好きなものに囲まれて、良かったな。

そして、お茶を飲みながら、お坊さんと喋っている間に、父は、あっという間に骨だけになってしまった。

お坊さんは「棺に、しゃもじ入れたの初めて見た」と言っていた。「あの世でも御飯作るんですかね?」と笑ってたけど、でも、そうだろうね。死んだからといって、人が急に変わるとは思えないから、生前と同じように、おいしい御飯を作って、皆に食べさせて、ご機嫌になって、食後は気分よくギター弾いて歌ったりして、そんな風にして過ごすんでしょうね。

しかし。家に、遺影と骨壷と位牌を置いた祭壇が出来ても、まだどこか現実感がない。焼酎片手に、包丁にぎりしめた親父@魚さばき中が、後ろから「もうちょっとで、旨い飯、出来るから、待ってろな」と、話しかけてきそうな気がする。

こういうのって、しばらくは、時間かかるかな。なんとも、不思議な感じ。

お通夜

カテゴリ:
今月アタマに受けた血液検査の結果を聞きに行った。結果は、一応ギリギリ正常値になった。ギリギリなので、今後も鉄分をたくさん摂るように言われる。

それから、数珠や香典袋を買いに行ったり、お通夜に行く準備でバタバタしてた。

御靈前香典袋の「御靈前」の字は、「靈氣」の「靈」の字と同じだったよ。

ちなみに、お寺の名前も「靈源寺」で、「靈」の字が一緒だった。

お通夜は、サクっと終了。私は泣いちゃうかな?と思ったけど、なんか父親の顔見たら、楽しくなってきてしまった。

ほんと、穏やかなイイ顔してるのだ。病院でレイキしてた時は、かなり苦しそうだったから、これで楽になれたのかな〜って思って。肉体生活を終えて、次の学びに進める訳だしね。父に対しては悲しいというよりも、良かったね、という気持ちが強くなってきた。

それよりも、受講生さんが数名お通夜に駆けつけてくれたことに、ウルウルきてしまった。お花を贈ってくれた方、お悔やみの言葉を頂いた方、お香典を頂いた方、暖かいお心遣い、どうもありがとうございます。

私は全く分からなかったが、昨日の瞑想会にも、父は参加していたらしい。

瞑想が上手く出来なかった参加者さんのところに現れて「俺が手伝ってやる」と言って、誘導してくれたそうです。

ん〜、それって本当なの?たまたま事情を知ってるから、そう妄想しちゃったんじゃない?とも思うんだけど、何とも言えない。

本当に、そうかもしれないし。違うかもしれない。分からない。

だけど、これまでに2名の方が、ウチで父を感じたと仰っているのは事実。どうも、スタッフとして働いているみたいです(笑)

で、その内のお1人は、何故父がセミナーとか瞑想会に一緒にいるかというと、私の伝授を「受けたがっている」と言う。だから伝授してあげたら?と言われたんだけど・・・・・・もう肉体ないじゃん(笑)どうやって伝授したらいいのか?

遠隔アチュするみたいに、すればいいのか?

それとも思い切って、肉体に?一応まだ、肉体は、あるにはあるぞ。

肉体にアチュするなら、タイムリミットは明日の朝までだが、棺の中に入ってる体に、どうやるか?しかし、あの死の際の、生命エネルギーが全く流れない状態を思い出すと、死亡した肉体にアチュするのは、まったく無意味な気がする。

本当にもう、何て、ややこしんだ。何度も言うけど、やりたいことは生きてるうちに、やっておくように。

私はそのことよりも、明日、棺に何を入れてあげようか?で、頭が一杯だ。ギターを入れてあげたいけど、ダメだろうから、ギターの写真にするかな。

父が生前、好きだったものというと、酒と煙草と料理とギターしか私は知らない。

母は、包丁は?と言っていた。おいおい。たしかに魚さばくの好きだったけど、燃えないものは入れちゃダメだってば。

弟は、しゃもじを入れると言っていた。たしかに料理好きだったけど、しゃもじなんて普通入れるか?燃えるから、アリか?

私は、手紙にするかなぁ。明日早起きして、書くかなぁ。。。

カテゴリ:
0時10分頃。

ひっぱたいても、ゆすっても。

何をしても戻ってくること無く、父は旅立っていってしまった。

最後の言葉も、何もなく。

ただ、スーっと、深い眠りに入るように。

昼間は、ずっと、痛がったり苦しんだりしていたから。

こんなに安らかに、眠るように息をひきとれたのは、気にかけてくれた皆様、気を送ってくれた皆様のお陰でしょうね。ありがとうございました。

病室に入ってから、13時間。食事したり、仕事の段取りしたりで、何度も手を離したけれど、こんなに長い時間、1人の人に気を流し続けたのは初めて。

最後に少しは、親孝行できたのだろうか。

あまりにも、あっけない最期。でも、家族全員で看取れて良かった。

生まれて初めて、死に水をとった。

生まれて初めて、霊安室に入った。

生まれて初めて、父親に線香をあげた。

こうして、私を強くしてくれているんだろうか。

もっと早い段階でセッションしていたら?父に伝授していたら?他にも、もっと、やれたこと、一杯あるんじゃないか?自責の念が渦巻くけれど、それにハマるとキリが無いので「やれる限りのベストは尽くした」で、念を打ち切る。

それでも悔しさが、残る。自分の非力さったら。。。

ちきしょう。これからも、絶対に後悔しないよう、生きてやる。

絶対に後悔しないよう生きるとは?自分に言い訳しないことだと私は思う。お金が無いとか、時間が無いとか、誰がどうだからとか、もう絶対、言わないぞ。

と、これもマルクートの学び、なんでしょうかねぇ。

こういう展開になりましたが、今日は予定通り、私が講師でセミナー行います。明日の瞑想会も、予定通り行います。

お通夜、お葬式のため、21日(月)22日(火)は臨時休業させて頂きます。しばらくの間、ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いします。


〜ここまでは、朝6時半頃に書きました。〜


ブログを書き終えてから、これから行うセミナーの準備、昨日の仕事の残処理などをし、どうも寝る暇なさそうなので、そのまま起きて仕事することにして、腹ごしらえ。

昨晩、徹夜を覚悟した家族の夜食にと、弟が買ってきた、おにぎりを、持って帰って来たので、それを食べた。

それは、赤飯の、おにぎりだった。

弟よ、こんな時に、こんなものを買ってくるなんて、どういう神経してるんだ(笑)父が亡くなってから、最初に口にする食物が赤飯かよ(笑)とも思うが、私は赤飯大好きだし、父の旅立ちを祝ってやろうと食べた。

9時過ぎにサポートをお願いした受講生さんが到着し、10時よりセミナー開始。こんな時だからこそ、出来ることが、出来たと思う。

セミナーの最中、霊感が強い友人が、私の父の波動をキャッチしたと言って泣いていた。それは「生きている間に話せなかったことが、たくさんあって、それを悔いている。七実に、愛していると伝えて欲しい。」というものだったそうだ。

個人的にはね、とても感動的なことだし、友人も「それを伝えるために、今日ここに来たような気がする」とも言ってくれて、とても、ありがたいことなんだけど。

だから、そういうことは生きてる間に、直接本人に言えって言ってるのにな。体が動くうちに、言いたいこと、言わなくちゃ。やりたいこと、やらなくちゃ。体が動かなくなったら、体が無くなったら、出来ないんだから。

っていうか、それが父であるならば、私は仕事中なのだ。セミナーの邪魔するな。友人通さず直接私に言え。など、いくつかクギを差しておく。

セミナーは無事に終わって、その後は友人に楽健法をしてもらって体のコリをほぐし、それからセッションをしてもらった。いつもと同じことをやることで、ようやく気持ちが、日常に戻ってくる。

それから食事して、帰宅したのは、22時半頃だったかな。今日は早めに休もうと布団に入って、1日を振り返ると、今日は一睡もしてなかったことを思い出す。

長い1日だった。

急に、小さい時の写真が見たくなり、アルバムを出して見る。ものすごい枚数あるのだが、そのほとんどが、父が撮ってくれた写真だ。彼の目からは、こんな風に、私が見えていたのだろうな。

気を流し続けた両手の平に、まだ、父の肉体の感触が残っている。

まさか、こんな日がくるとは、思ってもいなかったけれど、気を流しながら、22年振りに全員揃った家族で見送りながら、父を旅立たせることが出来て良かった。

カテゴリ:
10時11分。母親から「父、危篤。至急病院へ」メールが届く。

やっぱり、きちゃったか。今夜は全然、眠れなかったし、ギックリ腰になったし、なんか、どっかで予感はしていたんだよね。。。

病院へ、かけつけなくては!

いますぐにも、すっとんで行きたいけれど、今日入っているご予約、申し訳ないけど、とりあえず全部「ごめんなさい!」してからでないと出かけられない。

ぐわ。今日の夜は、スキルアップ会だよ?どうする?中止する???

頭の中、グルグルまわる。こんな時、個人経営だと、ものすごく困るわけだが、とりあえず最低限の連絡だけして、かけつける。

こんな時に限って、こんな嵐の天気で、タクシーがなかなか来ない。でも、来たところで大渋滞してるみたいなので、諦めて電車で行く。

11時過ぎに病室に到着。

父は朝から呼吸困難になったそうで、酸素マスクをされていた。お腹に水が溜まり、腎臓からおしっこが出なくなり、そして肺にも水が溜まり出して、酸素が吸えないらしい。

酸素の量が「90」になると正常らしいんだけど、機械は「60」前後でウロウロしていた。まだ意識はあるが、父の目は、どっかに飛んでいる。もう、この世じゃないものを見てるんじゃないか?酸素が少なくて、朦朧とするらしい。

「今すぐ急に・・・という状態では無いですが、意識があるうちにと思って」と、お医者さんは言った。今日か、明日か。。。「家族のうち、誰か1人でもいいから今夜は泊り込んでください」

そうか。今日か、明日なのか。。。

大きな声で話しかけると、目の焦点が合って顔を見てくれるのだが、果たして、どこまで私を認識しているか?

お腹が痛いようで、しょっちゅう姿勢を変えたがる。その時に要求を話すんだけど、もう何を言っているのか、ほとんど聞き取れない。意志の疎通が、なかなか出来ないが「体の向きを変える」「ベッドの背もたれをあげる or さげる」の、どれかだというのが、身振り手振りでかろうじて分かる。

ただ、ひたすら、ヒーリングをする。気を流す。


頼む。まだ、連れて行かないでくれ・・・。

という気持ちと

このまま逝ってしまった方が楽なのか?

という気持ちと


まいった。
どう、ヒーリングしていいのか分からない。

ただただ、本人の意志と、神のおぼしめしのままに・・・。


父は、ずっと目を見開いていた。焦点の合っていない目で。開きっぱなしで、目、乾かないのかな?苦しくないのかな?と思ってたら、夕方だったか、夜だったか、体の痛みがおさまってきたようで、目をつむって眠りだした。ずっと苦しそうだったから、気持ちよく眠ってくれて、少し安心した。

しかし、一時も目が離せない。今日明日は、父から離れちゃダメだよな。。。

幸いなことに、受講生さんが病室まで来てくれて、今夜のスキルアップ会を、私の代わりに取り仕切ってくれることになった。とても助かりました。ありがとう。

そして、スキルアップ会に参加された皆様には、今日は急に、こんな事態になっちゃって、本当に申し訳なかったです。

さて。父の酸素の数値は、上がったり下がったりしていて、私が晩御飯食べた後は「70」で安定していた。

私には、まだ処理しなければいけないことがあった。

明日のセミナー、どうする??

さすがに、これも中止する訳にはいかないので、しばらく父は弟に任せて、受講生さん2名に、お願いの段取りして、細かい指示をレポートに書いて、仕事が一段落したのが、23時過ぎ。

この時、酸素の数値は「80」で安定していた。

すごい!あと、10で正常じゃん!

あとは私が頑張るわ。と、またヒーリング再開したんだけど、それから数値は、どんどん、下がっていってしまい、また「60」当りで、ウロウロしだす。

父の呼吸、ペースが、次第に、遅くなっていってる。リラックスして呼吸してくれているのなら、いいんだが、どうも様子が・・・?

手を当てている胸部の反応、肺の上下や、心臓の鼓動の手ごたえが、どんどん薄くなっていく。気を流しているのに、どんどん、生命力が感じられなくなっていく。

これは・・・、かなり、ヤバイ!

寝ている母と弟を起こし、家族全員、ベッドの周りに集まる。

名前を呼ぶ。体をゆする。ひっぱたく。


頼む。まだ、連れて行かないでくれ・・・。

頼む。元気になったら、またライブ見にきたいって、言ってたじゃないか。

先週レコーディングした曲だって、まだ聞いてないじゃないか。

頼む。まだ、早すぎる・・・。

カテゴリ:
残念だけど、父が救急車で運ばれて、再再再入院した。お腹痛いのが、我慢できなくなったらしい。

「もう退院することは無いと思ってくれ」と、お医者さんから言われた数日後に、たった数日でも退院して家に帰れたのは奇蹟だけど、でも昼間、人の目が届かないところで、父1人でいるのは、かえって不安なので、入院したと聞いて、かえってホっとしていたりする。

で、それによって私もまた、緊急呼び出し対応モードに戻した。

病院に一番近いのは、家族の中では私なので、何かあったら、すぐにキット持って父のところへ、すっとんで行けるように、気持ち的には、24時間、神経張り巡らせて待機していたりする。

そのために旅行とか遠出も、極力、控えているんだけどね。

楽しみにしてくれていた方には本当に申し訳ないんだけど、金沢でのセミナーや、すぴこん出展を決行できないでいるのも、実は、その辺の理由が大きかったりする。

しかし。この状態が、もう半年近く続いていて、私も疲れてきているのは確かだ。できるなら何もかも忘れて、何もせず、ゆっくりと休みたい。きっと家族全員、そう感じていることだろう。

気が抜けない状態で、どうバランスを取っていくか?どう自分や家族を休ませていくか?

うー、なんだか精神力が問われるなぁ。。。

そんなことを考えてたら、体をねじった変な姿勢でいる時に咳が出て、思いっきりそれが腰にひびいて、ギックリ腰になる。おいおい、咳でギックリ腰になるののかよぉ。

でも自分のギックリ腰をケアするのは得意なので、気とカイロのテクニックで、サクっと戻す。本当に、こういうちょっとした油断に、やってくるんだね。やっぱり、いつ何時も気が抜けないや。

カテゴリ:
先日受けたセミナーで行ったワークによるものか?はたまた、同会・被同会ともに暗剣という最悪の星回りだからか、昨日から私の中で、ものすごい勢いで、修復工事が起こりはじめた。

こういう状態は、ちょっと久しぶりだなぁ。夢も現実も、瞬間瞬間、側面が、とてもハードなものになる。

それらは、まるで、テストのよう。そうして、出来なかったことが、だんだんと出来るようになっていくのだろうか。とりあえず、1つ2つはクリアしたように思うけど。

そして、今まで使っていなかった回路を開通させていく。当然そこに付け込んだアタックもやってくる。ナメんなよ、と戦う姿勢も大切だし、ついた傷を、いかに修復するか・・・これは気が、お得意な部分でもあるけれど。

なんだか自分の中が、面白いことに、なってます。

このページのトップヘ

見出し画像
×