アーカイブ

2004年06月

カテゴリ:
熱が40度近くまで上がる。

胃が痛くなって熱が出るのは、私の好転反応パターンだから、今回もソレかなぁ???でも、何の好転反応?祐気とり?剋気とり?どっかバランス悪かったんだろうか。ここんところ、体に無茶させることが続いていたしなぁ・・・。

なんだか分からないけれど動けない。昨日から、痛いのでお腹に手は無意識に当てっぱなしだけど、意識朦朧、1日寝る。

今日は気学のレッスンが入っていたので、連絡だけはしなきゃと「体調不良でお休みします」先生に電話したら、「あら、あなたなら、自分で治せちゃうでしょうに・・・」と言われる。

うーん、私に治せることもあれば、治せないこともあるんでぃ。好転反応は、いつもお手上げなのだ。

カテゴリ:
それは突然やってきた。

伊勢神宮に行って、名古屋から東京に向かう新幹線に乗り、静岡を過ぎた頃から、なんだかお腹が痛い。

あれ?なんでお腹痛いんだろ。さっきまで全然平気だったのに。何か変なもん食べたかな?

マンガを読むの止めて、お腹に手を当てる。「痛みが治まりました、ありがとうございました」でも治まる気配がないので、とりあえず東京に着くまで痛みを感じないように、意識を飛ばす(寝る)。

ふと気付いたら品川駅だったので、降りる。アタタタタ・・・、痛くて歩けないぞ。

何かを出したいという欲求はなかったけれど、とりあえずトイレに行って、体調を確認し、少し戻す。

でも良くならない。歩くのがやっと。

もう23時過ぎていたので、ゆっくり休んでいる時間もないし、救急車で変な所に運ばれるなら、どうせ病院に行くなら近所の病院がいいので、ガッツで山手線のホームまで歩く。

この時、何度倒れそうになったか分からない。座りたい。できれば横になりたい。

山手線のホームに辿りついて、電車が来るのを待つ間、椅子に座って少し休みたかったんだけれど・・・、このホームは、椅子がないのね。根性で立って電車を待つ。

前の電車がメチャ混みだったので、電車の中で、立っていられるかが心配だ。「次の電車に乗って座れました。ありがとうございました」を、心の中で繰り返す。そうしたら、その通りになった。良かった。

座ると少し楽だけど、ツライことはツライので、またまた意識を飛ばす(寝る)。気付いたら新大久保に着いたので、下車し、なんとか歩いて帰る。

帰宅してから大胆に戻し、少し楽になったので、シャワー浴びて寝た。下痢はしていないから、食あたりとかではないと思うけれど。

いきなりこの不調は何なんだ〜。

カテゴリ:
私は、時間の使い方が下手だ。アレコレ色々やりたいくせに、同時進行で物事を進めるのが苦手で、1つずつコトを終えないと、次に手を出せない。

色んなことを同時にテキパキこなせる人が、とても羨ましい。

時間の使い方が上手くなりたいんだよね。ほとんど家で仕事しているのもあって、気持ちのオンオフの切り替えも下手だから、それも上手になりたいな。

そこで、今日はヒプノしてもらって(Thanks!)私の「時間を司るサブパーソナリティ」を呼び出してもらった。そうしたら、土方の親父が、寝転がって出てきたぞ(笑)

「時間を司る」っていうから、もうちょっと仰々しい人が出てくると思ったら、土方の親父かぁ〜。これ、私なんだよね??うーん、分からなくもないけれど、この親父が、私の時間を司っているのかぁ。。。っていうか、この親父も私かぁ。。。

と思うと、何か、どうでも良くなってきちゃったよ(笑)

時間の使い方は不器用でも、元気にフル回転できてるし、大いなる意思と私の思いが合致した時は(?)物事スムーズに進んでるし、これはこれで、こういう時間の使い方でいいのかなぁと思えてきた。

動けるうちが花だと思って、精一杯やるかー。これからも、食べて遊んで飲んで寝るぞー。

カテゴリ:
金沢から東京に戻る新幹線の中で「5号車に急病人が出ました。乗客の中で、お医者さん、看護婦さんがいらっしゃいましたら、5号車までお越しください」とアナウンスが流れる。

今って看護士さんというんじゃなかったっけ?というのは置いといて、またか〜と思った。行きの新幹線でも、急病人が出たのよね。

私、ここに座っていていいのかなぁ?何か出来るんじゃないかしら?でも、きっと何にも出来ないよなぁ。。。

と思いながらモジモジしていたら、その急病人の方を降ろす為に、列車は臨時停車するとアナウンスが入った。良かった。これですぐに病院に行けるね。

話かわるけれど、せっかくモバイルPC買ったことだし、新幹線の中で作業するぞ!とコラムを書いていたら、数分で気持ち悪くなった。う〜酔った。

ダメだこりゃ。とPCしまって、具合悪くなり、そのまま眠ってしまったよ。

電車の中でPC作業している人、よく見かけるけれど、酔わないのだろうか?私はNGだぞぉ。

カテゴリ:
RV(リモート・ビューイング)講座の初級を受けてきた。遠隔透視、今回で2回目!

前回(先月)受けた時とほぼ同じで、封筒に入った写真の画像を透視するという内容だった。前にやったことを、ほとんど忘れかけていたけど、やっていくうちに思い出す。指先や手のひらを使って、情報をキャッチして、透視していくんだよね。

1,2回、実際にやったら、眠くて眠くて仕方なくなった。普段、使わない脳みそ使うのかな。でも「眠くてもうダメ〜」といった状態の方が、透視の的中率高いのが面白い。

自分の意識を、ボヤーと手綱ゆるめておいた方が、情報キャッチしやすい。

ちょっとテクニックが広がって、嬉しいです。

カテゴリ:
アチコチ飛び回っていることが増え、ゆっくり家でPCに向かう時間が取れなくなってきた。

メルマガ書きたい!ホームページ更新したい!

という欲望はあれど、手元にPCないと作業できないので、う゛〜。という日々が続き、今週アタマくらいから「中古でいいからモバイルPC欲しいな」と、うすらボンヤリ思い始めていた。

水曜日に知人から「10万円以内でノートPCとプリンタを揃えて欲しい」と頼まれ、お金を預かった。

どこで買おうかな・・・と考えているうちに「ウチにあるノートを売って、そのお金でモバイル買えばいいじゃん!」と思いつく。

思いついたら即行動。アレヨアレヨと話は進み、本日、手元にモバイルPC到着。わお、想いが現実化するの早いなぁ。

必要なものモノがスムーズにやってくる。

気合を入れて願掛けするよりも、ふと思ったコトの方が、叶うの早いような気がする。

カテゴリ:
暴力の多い世界に育ってきたが、数年前にボコボコにされた時には、右膝の靭帯が伸びきった。

当時は足が思うように動かず大変だったけれど、今は、たまにダルくなったり、重たく感じる程度なので、そんなことスッカリ忘れていた。

でも先日、右膝がやけにスースーして、それで「あぁそういえば、ボコボコにされて膝を痛めたんだっけ」と思い出した。

先日のヒプノセラピーで過去世を見た時に、右膝が(他には胸と右腰が)バーンと痛くなった。と同時に、大勢の人から、ボコボコにされている感覚があった。

前世で、何で殴られていたのか分からないけれど、ボンヤリとそのコトを考えていて、そういや「右膝」と「ボコボコにされている」は一緒だなぁと気が付いた。

数年前にボコボコにされた時は、或る意味、私の人生のターニングポイントだったように思う。

ケガで体がいうこときかなくなって、それまでやっていたモデルの仕事が出来なくなったので、ケガが治りきらないまま、仕事を変えたり引っ越したり大変だったけど、その時に仕事で使えるようとPCを勉強して、それは今もこうして役立っているもんね。

何より大きいのは、自分は「本当は何が欲しいのか?」を、真剣に考えられるようになったことかもしれない。

私は、私を殴る人とは付き合いたくない。

そんな当たり前のことに気付くのに、かなり時間がかかったような気もするが、ボコボコにされて初めて深く認識することができた自分の気持ちなのだ。

ボコボコにされたこととか、その人に対しての感情は、殴られるようなこと私もしてたんだろうしと思って、自分なりに癒して昇華したつもりだったけれど、その後も「ドメスティック・バイオレンス」という言葉を聞くと、ピクリと固まってしまう自分もいた。

先月末に上々颱風というバンドのライブを見に行って、そのステージで「DVDは、ドメスティック・バイオレンス・ディスクの略?」なんてボーカルの映美姉さんが話されていたのだが、うーん、笑いたいけど笑えない。一瞬、ピクリと固まってしまう。こうした妙な反応をしてしまうのは、まだ何か、私の中に傷が残っているのだろうか。

「ボコボコ」「右膝」一致するキーワードを並べて、ボケっとしていたら、ふと気が付いた。

暴力は悲しいことだけど、私自身が忘れかけてた前世から引き継いだ何か(教訓?悟り?現世での使命?課題?)を、思い出させてくれたのかもしれない。ボコボコにするという、前世と同じスタイルで。

そうか!私をボコボコにした人は、私のカルマの歪みを正してくれたのか!?

と思った途端、ドワーと感謝の念が湧き上がる。殴るなんて嫌なヤツだけど、そんな嫌な役をして教えてくれたなんて、いいヤツだなぁ(笑)

なんかね、腑に落ちたというか、長年のわだかまりが、スッキリ解決したような気がした。

カテゴリ:
熱も下がって、お腹も落ち着いて、深夜にようやく復活する。

やった!元気が出た!

健康って素晴らしいね!と、改めて思う。いつも健康でいると忘れちゃうけれど、健康でいられるって、スゴイことなんだなぁ。う〜、健康に感謝!!

このページのトップヘ

見出し画像
×