アーカイブ

2003年10月

カテゴリ:
睡眠中に「辿り着く場所」がある。

これは何だろう?「熟睡した」と言った方がいいのかもしれない。短い時間でも「よく寝た!」深い眠りにつけた感じ。そこに辿り着けると、心の底から安心するし、心身ともにスッキリして、目覚めた時に元気一杯になる。

これは、健康的な眠り、と言えばよいのだろうか。質の良い眠り、と言えるかもしれないな。

この感覚を味わえないとスッキリしないので、味わえるまで、惰眠を貪ることが多い。そこに辿り着けるまで、寝る寝る寝る。

だけどこういう時って、なかなかそこに辿り着けない。寝ているんだけれど、眠れていなくて、それはそれで苦しかったりする。

眠りは熟睡してナンボなんだなぁ〜。

なので今は、眠りに関する書籍を読み漁っていたりする。もっと人が持つ力を、知りたいのだ。

カテゴリ:
郵便ポストに、小冊子が入っていた。

どこかの宗教団体の冊子のようなのだが、そこに書かれていることは、私が学んできた事と一致するところも多く、思わず読みふけってしまった。

冊子は読んですぐに捨ててしまったので、今、手元にはないんだけれど、確か「神の世界に病気はない。それは人間が作り出したもの」というようなことが書かれていて、その宗教で修行のような事をしたら「これこれこういう病気が治りました」というビックリ体験談が載せられていた。

「病は気から」とよく聞く。手段は様々だけれども、病の根本原因である「気」が変わることによって、結果として現れていた病気は消滅するのであろう。

そういうメカニズムを知って、気というものが、面白くなった。

気学も面白いしね。

カテゴリ:
本日15日より23日まで、お休みを頂きます。

休暇中は何かとご不便をおかけ致しますが、皆様のご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ:
溜め込んでいた感情が大放出する。

出せるということは、いいことだ。

普段は、出せないんだから。

悪感情とか、マイナス感情っていうのは、ついつい溜め込んでしまうのよね。それを感じている間は不快かもしれないけれど、それが出るというだけで、癒しの効果は大きいと思う。

出せるものなら、出して、スッキリしちゃった方がいい。

今日は、たくさん出た〜。スッキリスッキリ。

本当はこういうのはさ、話して、誰かに聞いて貰って、共感してもらうのがいいんだろうね。

この大放出した感情を、私の気持ちを、誰かに分かってもらいたいもん。

けど共感してくれそうな人が見当たらなかったし、そんなことに誰かを付き合わせるのも悪いので、1人で処理をして・・・。スッキリはしたけれど、共感してもらえない寂しさは、ちょっと残るかなぁ。まぁいいけど。

今日で最後だ。もう自分を苦しめる事を選ばない!ように心がけよう。

カテゴリ:
そうなんだよなぁ。自分で選択しているんだよ。

私の身の回りのことって、全部自分で選択してきたことの結果なのよね。

周りを見渡してみると、「OKなもの」と「NOなもの」が混在している。

「NOなもの」に振り回されているように感じて、それで私はカリカリしたりイライラすることが多いのだけれど、無理してそれを受け入れたり応えたりしようとするから、苦しくなるんだよな。

「NOなもの」なんだから、ただシンプルに「NO」って言えばいいんだよなぁ。

ここのところが、私には、なかなか出来ない。無理して「NO」を「OK」にしようとしてしまう変なクセがある。でも、「NO」は「NO」で、いいんだよね。

このパターンからも、なかなか抜けられずにいることに気付いた。似たような事、何度も書いているもんね。

あー、もう、今度こそは抜けるぞぉ。自分の身の回りを無理することなく「OKなもの」で固めてやる。

そんな風に考えていくと、人生は選択の連続というか、その積み重ねというか、やっぱり日々の取捨選択が要となるよね。

そこで、その判断基準となる「私にとって大切なものって何?私が求めているものって何?」を、自分でよく把握しておくことが大切かなって思う。

なかなか明確には把握できないけれどね。自分の心の中って。

「面白いなぁ」って思うのは、こういう部分だったりする。

この暗くて見えない自分の心の中に、徐々に光が当って、明るくなって、見えなかったものが見えていくような感じ。

その時、その時の自分にとって必要なことに光を当てて、その存在を見せてくれたり、教えてくれたりするような感じ。

そういうところが面白いなぁって思う。

私が自分の中にあるこういったことに気付いて、日々成長していけることに、あらためて、感謝感謝!

カテゴリ:
仕事に追われて・・・、気付いたら夜で・・・、ギャ、もうライブに出かける時間じゃないか!

あ〜ん。ご飯、炊いたのに食べてない〜。衣装、何着るか決めてない〜。髪の毛、セットしていない〜。ひぇ〜、どうしよう。

ええい、時間ないし、もういいや。たまには普段着&普段髪でライブやろう。

ということで取るものとりあえず、アコーディオンとデモCDとチラシを抱えてライブしに行く。

お腹がペコペコだったので、お店に向かって歩きながら食事する。私はよく歩きながら食事しているな。せめて立ち食いにして、歩きながらじゃなく、ジっとして食事したいものだ。

急いだけれど、ちょっと遅刻してしまった。うにゃ〜。すんません〜。

こういうバタバタは、なくならないっていうか、私の常というか、ゆとりある優雅な生活って、ひょっとしたら私には無理なんだろうか???と思ってしまう。

ま、そうは言いつつも、お店に着いたら、あとはゆっくり出来るのよね。到着までが大変だ。

なんて前置きが長くなったけれど、今日は特にね、到着するまでと、してからのタイム感が全然違うというか、お店に着いてからは、非常にゆっくりと落ち着いた時が流れた。

うん。今日の、この、お店の中にいた時の、この感じは何だろう。

お店の雰囲気が良かったのか?それとも集まってくれた人達が良かったのか?

そのどちらも良かったのかな。気分的に私は、とてもゆっくりできたし、くつろげた。

あぁ、ここは私が居る場所だ、と思った。とても居心地が良かったのだ。

オカシイな。前にこのお店に来た時は、そんな風には感じなかったのに。やっぱり集まってくれた人達のお陰かな?

いつもと違って、衣装や髪の毛が、普段通りだったからかもしれない。私は何も作っていない素のままでいたから、素のまま受け入れられたのかもしれない。だから居心地が良かったのか?

理由はよく分からないけれど、居心地が良かった。

自分の居場所は、誰かが作ってくれるのではなく、自分で作るものだと言う。

こういうところに、いつも居たいな。

居て、いいんだよな。

自分が選んだ場所に、居られるんだよな。

当たり前のことに、また気付く。そうだ。誰かが何かを私に命令している訳じゃない。

すべて自分で選んでいるのだった!

カテゴリ:
年末に向けて少しずつ掃除をしようと思っていたのだが、部屋の中も、心の中も、バンド関係のことでグチャグチャになって、これじゃ仕事にならないので、仕事をするのは諦めて、必要だと感じるところまでのバンド作業を終わらせて、それから大掃除することにした。

私の中に、怒りが溜まっている。

その怒りは、一見、誰かに対してぶつけたいというか、例えば「Aさんムカツク!」みたいに、怒りの矛先というか、ぶつける対象者がいるように見える。

だから、Aさんに対して怒りを感じているのかな〜?って思うんだけれど、違うんだよな。

自分に対して感じている。自分に対して、腹が立つ。

皆さん、それぞれ、ベストを尽くして生きているのであろう。

そのベストを尽くしてくれていることに対して、例えばAさんのベストを尽くした言動に対して、私が怒りを感じたとしても、Aさんはどうしようもないっていうか。

Aさんは、悪くないのだ。それがAさんのベストなのだ。

それに私が怒りを感じるのなら、そう感じる私に、何か解決したり昇華したりした方がいいモノがね、何かあるのだ。

そうした改善したい何かを抱えていて、それに気付くために私はAさんの言動を引き寄せたのであろうと思う。なのに、それに気付かずに棚にあげて、Aさんに対して「ムカツク」と思った自分に腹が立つ。

すべて自分で引き寄せているのにさ。Aさんのせいにするなんて。

例え話は人だけれど、出来事も、そうだよなぁ。自分で引き寄せているのだ。

怒りは外からやってくるのではない。内側からだ。その怒りの原因も、外からやってくるのではない。内側からだ。

部屋を掃除していると、散らかって見えなかったことが、こんな風に見えてくるようになるから面白い。

こうやって文章にしていっても、整理されるのか、見えてくる。

書いていて気付いた。この怒り、私は、同じパターンを繰り返しているじゃないか!去年とまったく同じ怒りを、感じているじゃないか。

あぁ〜、情けない〜。成長できていない〜、私〜。

ちょっと、もう、このパターンからは抜けようっと。部屋の掃除を終えて、居心地も良くなったし、気分もいいし、次なるステップへ進みたいわ。

カテゴリ:
ここのところ愚痴ばかり言っている、ということに気付いた。

ハッ!かなりヤバイかも私〜。ちょっとビックリした。

気付かないうちに、いや、気付いているところもあるのだけれど、自分で思っている以上に、色々と昇華しきれないものを溜め込んでいるようだ。

愚痴を聞かされる人も毎回それじゃ不愉快だろうし、愚痴を言ったところで、何も解決にならないもんね。そんなの魅力的じゃないわ。反省反省。

と思っても、つい愚痴を言いたくなってしまう。「言わないようにしよう」と思っても、ついポロポロと出てきてしまう。

その愚痴となる根本原因を解決するまで、出てきちゃうね。愚痴は元から断たなきゃ!ですな。

このページのトップヘ

見出し画像
×