アーカイブ

2003年04月

カテゴリ:
今日は横浜銀蝿のドラマー・嵐さんのお誕生日記念ライブ「嵐ちゃん祭り」での出演バンドにゲストで呼ばれ、アコーディオンとギターを弾いてきた。

このイベントは昼行われて、夜は横浜銀蝿のライブが予定されていた。私は何年か前に銀蝿のライブを見て、ノリノリで踊ってたクチなので、ライブを楽しみにしていた。

けど数日前に、銀蝿のボーカル・翔さんが覚醒剤所持で逮捕され、銀蝿は活動停止。もちろんライブも中止となり、ライブの代わりに嵐さんの記者会見が行われた。

テレビで嵐さんの記者会見を見た人もいるのかな?ウチにはテレビがないので見れなかったけれど、私はその会場にいて、嵐さんって、とってもスゴイ人だな、と思った。

「銀蝿と区切りのライブが出来て良かったですね」というメールも頂いた。

鋭い!そうなんだよね〜!銀蝿にとっても区切りなのかもしれないけれど、今日は、私にとっても、色んな面での区切りだったんだと思う。

なーんて、まだ自分でも、それが何なのかはハッキリしていないんだけれど、10年近いブランクを乗り越えてエレキギターをライブで弾いたわけだし、そこで私が原点にかえれる音楽(ロックだけどね)を演奏し、さらにライブをやったのは、関内だ。

関内は、私の家から南。南は、離合の作用が働く方位なのね。ここのところの私は、もう手放してもいい気持ちや自分が、自分の中にまだたくさんいる事に気付き始めていたから、昨日もそうだったけれど、また色々と手放していくのかもしれないね。

多くの気付きやきっかけを与えてくれた翔さんに感謝するとともに、より自分らしく!よりハッピーに!覚醒剤よりアイラブミーだぜ!!って、伝えられたらいいなぁ。

カテゴリ:
最近は「仕事」で悩んでいる方からの相談が多い。

たいていどの方も、以前の私と同じように、お金を稼ぐための仕事というか、「好きでも嫌いでもない仕事をして」または「好きだけれど本当に心から好きというほどでもない仕事をして」心や体がマイっちゃっているようだ。

仕事というのは、1日の大半を、一生の大半を、それをして過ごす訳だから、「何を仕事にするか?」というのは、とても重要なことだよね。

私の場合は、わりと「これをやりたい!」というのが明確であることが多いので、もう、それに向かって進むのみ!そして進みつつ、自分がやりたくないと感じる事とドンドンお別れしていって、軌道修正しながら、より自分がやりたい事に、近づいていくような感じかな。

私は今日の朝、ある大きな決断をした。自分が「イヤだな」と感じつつもやり続けていた事を、完全に止めることにしたのだ。

まず始めに、大きな喜びがやってきた。次に、半ば人や一般常識などから無理矢理やらされているように感じていた事も、それは自分の意思で、やることを選択していたことに気付いた。そんなの当たり前なんだけど、頭では分かっていたんだけど、心が分かっていなくて、どこかでブーブー文句言っていたんだけど、これって自分に対して、ブーブー言っていたんだなぁ。おぉ、ごめんよ、私。知らない間に、傷つけていたんだね。

それから、ちょっとだけ不安がきた。けど「私は自分を信じるぞ!」と思ったら、すぐに消えた。何の根拠がなくても、自分のことは信じた方が得だって、レイキで充分なほど知っているのだ〜。

この心の動きは、朝起きてから目覚めの一服を終えるまでの、ほんの5分位の時間だったと思う。スパっと決断できた。

たったそれだけなのに、「今日は一体どうしたの〜??」ってくらい、自分のやりたい事に向けてのメールや電話が殺到した。ビックリした。

自分の意識が現実を創っているということを、とっても分かりやすい形で再確認できた1日でした。

こんな風に、私も未だ、自分の好きなことを仕事にしていこう!と迷走しているような状態っす。仕事のことで悩まれている皆さんも、ぜひ、ちょっとずつでもいいから、自分の「好きなこと」に向かっていってみてください。自分の意識が変わる度に、きっと現実も、変わってくると思いますよ。

カテゴリ:
ここのところ自分の中で、また何かが変化している気がする。どれがどうという訳ではないんだけれど、熱を出して倒れるパターンの派手な変化ではなくて、穏やかなジワリジワリを感じる。

日常生活は、なんかジレったいような、ヤボったいような、自分の周りに目に見えないモヤがかかっていて、でも色んなことに少しずつ気付いて、モヤがちょっとずつ晴れていくような感じ。そして晴れた時に、気付いたら変化していた、といった感覚。

今日の私は、久々にロウアーな自分に引っ張られて、ブスっとしちゃって、自分でも「あれ?なんでだろ?なんかいつもと違う?」という反応を示す事が多かった。

それが何でなのかは、すぐに分かった。1つは、疲れすぎていること。いい加減、自分には、休息が必要なようだ。そして1つは、本来であれば自分がやらなくてよいこと(他に適任者がいること)を、周囲から任されたり頼られたりしていること。そして1つは、さっきのと似ているんだけれど、自分が「本当はこっちをやりたい」のに、ちょっと違うことをやってしまっていることだった。

分かっちゃえば、すぐに気を取り直して、いつもの私に戻れるんだけれど、ハイアーとロウアーで綱引きされちゃうのは、フラフラしてヤだな。

より自分らしくいることが、ハイアーでいられることのようだ。自分らしくないと感じることは、また少しずつ軌道修正していこうと思った。

カテゴリ:
睡眠時間が無理なく減らせるようになった。

先週倒れてからは、平均3〜4時間の睡眠でも、無理がなくなってきたのかパっと目が覚める。それでも昼間、眠くなることもないし、これはいいな。

カテゴリ:
渡邊満喜子さんのヴォイスヒーリングセミナーに出かける。

会場までの地図を印刷して持っていったのに、迷子になってしまった。「あれ?オカシイな?こっちじゃない気がする」と思ったら、目の前におまわりさんが現れたので、聞いてみたら道を間違えていたようだ。いつも迷子になると、タイミング良くおまわりさんが現れる。

会場は阿佐ヶ谷区民センターの音楽室。入った瞬間「ドラムもあって、ギターアンプもあって、ピアノやオルガンもあるし、バンドの練習にも使えるなぁ」と思った。椅子に座って、しばらくして「あれ?ここって・・・」私が年末に夢中になって設計した家の大スタジオに、ドアの位置が違うだけで、あとはイメージや造りが非常に似ていることに気付いた。これって偶然・・・?

ヴォイスヒーリングは素晴らしかった!ヒーリングとしても、歌としても、色んなことを学んだ。何の為に歌があるのか、とても深いレベルで理解できたような気がする。バンドのメンバーにも受けてもらいたい!って思った。

満喜子先生に私の波動で歌ってもらった時は、驚いた。かなり低めの声でダイナミックに歌われたので「やっぱり私は低音か!」と思った。他の女性の方のは、高音で優しげに歌われたのが多かったのだ。

そして歌の後に、言葉で、波動のメッセージを頂いた。「私がずっと真直ぐにやってきた事を、現実にしていく時がきた。それを出来ないと感じていた弱い自分はもういないけれど、その時の自分に向けても、これからに向けても、励ましのドラムを叩いているような波動」だそうだ。

これを聞いて非常に勇気づけられた。想いがどんどん現実になっているのは、このブログにも書いてきているけど、多面的に(過去や未来など)に向けても自分を励ませているなら、なんか嬉しいな。

そうそう。最近自分が変わったなぁって感じるのは、「全部自分なんだ!」で物事を捉えるようになったことかな。これと関係しているのかな。過去の自分や未来の自分に対しても、今ここにいる自分が何らかの影響を与えている筈だから、だから、今の自分は、その自分達に恥ずかしくないような、胸を張っていられるような行動や考えをしよう!って思う。そして、それが自分だけじゃなくて、他人に対しても、そう思う。他人のことも、自分のことだと思えるような感じ・・・、上手く説明できないんだけど、「全部自分なんだ」って思って話を聞いたり、接したりしている。そうすると、なんか穏やかでいられるんだよね〜。

なーんて話がそれちゃったけど、満足度120%のヴォイスヒーリングでした。

そして原宿に移動して、ニューエイジセンターへ行く。目的は、オーラ写真を撮ってもらうこと!

6年位前にオーラ写真は、撮って貰ったことがある。その時は、濃い緑色とオレンジ色が出ていた。今はどんなオーラなのだろう?とドキドキしてたら、ありゃ、すごくキレイな、いいのが撮れちゃった。

出ていた色は、白・紫・碧・緑だった。コンピュータが印刷した説明を読むと「癒す人・精神リーダー・神秘の世界に生きる人」みたいなことがたくさん書いてあって、なんかベタ誉めされているようで恥ずかしい。こんなにいい事たくさん書いてあるのに、連日朝まで酒飲んでていいのか?と、思わず自問自答してしまった・・・。

それから皆でお茶しに行った。「オーラが見えるようになりたいなぁ。見えるように練習すると、暗いところで指先とかに白い煙みたいのが見えるらしいんだよねぇ」と言って、皆でうんうん頷いていたら、バンドメンバーの1人から「え?みんな見えないの?私、見えるよ!」と言われてしまった。見えてたのかー、羨ましいなぁ。私も見えるよう、練習してみようっと。

このページのトップヘ

見出し画像
×